カテゴリー「ディスクゴルフ トレーニング編」の記事

2007.01.25

これって古武術!? ③(随時更新)

 『JO10位の小柄なBrad Hammockさん』、『桑田投手も取り入れた古武術』、...小さな日本人でも活躍できるヒントがそこにあるのではと思う中『古武術 for SPORTS』という本に出合う。その古武術とは...あくまでも私観ですが...

 ディスクゴルフでのアプローチショット。オープンなコースでは、自分の場合ハイザーで投げる。ストレートだとリリースの微妙なズレで大きく結果に差がでるため、距離感が掴みやすく、腕を大きく振れるハイザーを選択している。しかも、あまり肘を曲げずに投げる事によってブレを最小限にしている。この肘を伸ばしたままのスロー、アルテやガッツ、強いては初心者に教える場合はNGなバックハンドなのかもしれない。ディスクは(肩のラインに対して)直線的に投げる!まあこれが一般的なのだろうが、ディスクゴルフでは腕を伸ばしたままのバックハンドもありでは...と最近思っている。では、この肘を伸ばしままハイザーでティーショットしたら!? 去年の日本選手権前にそんな考えが頭をよぎり投げてみた。すると、自分の予想を越えた『伸び』と『精度』。これなら『100mのアプローチ』もできる、そう思った瞬間でもあった。 自分なりの考えだが、ディスクを直線的に投げようとする場合、肘の屈伸運動(上腕二頭筋の収縮)をディスクの初速に変えるに対して、肘を伸ばして投げる事で肩や腰の筋肉といったより大きい筋肉を使っているため、思ったより楽に距離を伸ばせたのだと思う。僅かな体の使い方の違いで
大きなパワーを生む、『これって古武術!?の考え』と思うのだった。ディスクゴルフのDVDを見ていると、肘を伸ばし気味に投げているようにも見えるのは気のせいかな?まだまだ研究は続く!


| | コメント (2)

2006.12.14

これって古武術!? ②(随時更新)

 『JO10位の小柄なBrad Hammockさん』、『桑田投手も取り入れた古武術』、...小さな日本人でも活躍できるヒントがそこにあるのではと思う中『古武術 for SPORTS』という本に出合う。その古武術とは...あくまでも私観ですが...

 例えば今よりディスクやボール等を速く投げるには....と聞かれたら『筋肉トレーニング!』を連想する人が殆どかも知れない。自分もそうだった。 前回のツッチーさんのコメントにもあったように『筋肉トレーニング』は現代スポーツには不可欠のものであり、その効果はいうまでもない。 ところが『古武術』では、まず身体(からだ)の使い方に重点を置いてる(と思う)。人が持っている身体能力を『最大限に使う技術』を身に付けることで、今まで以上のスピート、パワーを発揮できるという考えが基本。『身体を最大限に使う技術』といってもそんなに難しいものでもない。中には、知らない内に身につけている『技術』や『コツ』といったものかもしれない。 例えば、何か重い物を持とうとした時、握りを変えたら楽に持てた..なんて経験はないでしょうか。握りを変える事によって使われる腕の筋肉が変わるためだ。 その為か、古武術を介護の世界にも応用している所もある。
 では、その古武術をスポーツにどう活かすのか....
                                                   つづく
 

 

| | コメント (0)

2006.12.05

これって古武術!? ①(随時更新)

 今年(2006年)のJOでの表彰式の事。大柄な選手が表彰されている中、自分の目を引いたのは10位入賞のBrad Hammockさんだった。体型的には日本人と同じ位、しかも後で判った事だが普段はマスタークラスの選手。
前夜のパーティーで目の前にしながら、あまり話せなかったのが悔いに残る。いったいどんなプレーをするのか、どんなショットをするのか、機会があったらじっくり観察したいものだ。また、小さな日本人でも世界と渡りあえる可能性を感じた瞬間でもあった。
 そんなJOの興奮が冷め止まぬ6月下旬、TVで『古武術』の事が放送された。古武術...確か以前に桑田投手がピッチングにそれを取り入れたとは聞いていたが、具体的な内容を知ったのはその放送が初めてだった。だが、そこでも自分の目は釘付けだった。ちょっとした体の使い方で、明らかに体格差のあるうつ伏せの相手をひっくり返したり、重い物を持ち上げたりと...  
 放送終了後、『Brad Hammockさん』、『古武術、...小さな日本人でも活躍できるヒントがそこにあるのでは...との思いからネットで『古武術』を検索。そこで『古武術 for SPORTS』という本に出合い、早速注文。DVD解説付きと『いきなりスポーツが上手くなる!』という見出しも注文の決めて!
 さて、その内容とは....... つづく
 

| | コメント (2)