« 朝練2014 1日目 | トップページ | ワンコのヘルニア 2 »

2013.10.28

ワンコのヘルニア 1

 それは、一ヶ月前の突然でした。日本選手権を3位で終え、21時過ぎに家に到着。いつもだと玄関を開けると、シッポを振りながら愛娘のノエル(ミニチュアダックス)が駆け寄ってくるのだが、その夜は違いました。嫁さんに抱えられながらのお出迎え。そこで、ノエルがヘルニアが原因と思われる歩行不全になった事を知りました。後足の麻痺が見られ前足だけで、お尻を引きずりながら移動する状態になっていました。自分が日本選手権に出かけた後に様子が急変したらしく、急遽、動物病院へ行きレントゲン撮影。ヘルニアにもグレード1(軽)からグレード5(重)があり、グレード5の歩行困難となった場合は、48時間以内に手術しないと、回復の見込みがないとの事、ヘルニア以外に原因がある場合は、死に至る事もあり、その診断には、MRIのある機関での検査が必要であるとの事等、いろいろ病院で教えてもらったそうです。また、自分が気が動転して帰り道に事故に遭わない様にと連絡しなかったとの事でした。薬で良くなる場合もあるとの事だが、その時点では非常に判断が難しかったです。年齢的(8歳)な事や、手術のリスクも考えながら、まず川口にある動物医療センターでMRI検査をする事に!ノエル自身は、『私、何か悪い事したから歩けないの?』...そんな顔で自分達を見て、そんなノエルに『ノエルは、悪いくないよ...』と足をマッサージしてあげるのが自分達ができる事でした。  つづく.....


|

« 朝練2014 1日目 | トップページ | ワンコのヘルニア 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 朝練2014 1日目 | トップページ | ワンコのヘルニア 2 »