« 東京オープン 2010  | トップページ | 東京オープン2010 動画アップ »

2010.04.29

8g + α

 東京オープンの反省する暇もなく月曜から日本選手権へ向けて練習しております。東京オープンで購入した150 OPENのディスクで早速練習。スターオーク、DXレイス、DXエビア、DXロック、CHティーバードを投げてみました。自分なりの感じです。

スターオーク・・・・・・・やっぱりオークかなっていう感じで、水平に投げだすと右へのターンがきつくローラーになってしまいますが、初速を抑えて投げると緩いS字を描きながら真っすぐに行ってくれました。

DXレイス、DXエビア、DXロック・・・・・・・150classより安心感があります。飛行自体は殆ど変わりませんが、飛距離と最後の伸びに違いを感じました。DXロックのアンハイも最後まで頑張ってくれそうです。

CHティーバード・・・・・・問題はこのディスク。他のサイトでもオーバー的な事が記述されていましたが、その通りでした。150classのCHファイヤーバード並みでした。これは、8g重くなった事以外に材質やその微妙な形状の違いに要因があるかもしれません。まあ、150classでもDXとCHでは飛び方が違ったりしましたので、名前に囚われなず、購入したディスクの特性を理解した方がいいかもしれません。 強烈な向かい風や、左へ大きく曲げたい時等に使えそうです。スター素材だと、また違うのかもしれません。

 

|

« 東京オープン 2010  | トップページ | 東京オープン2010 動画アップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京オープン 2010  | トップページ | 東京オープン2010 動画アップ »