« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007.10.31

日本オープン その2

 いよいよアマチュアのスタート。1Hからのスタートだったが、2Hでボギー、3Hのアイランドで④と苦しいスタート。5番ホールのトリプルマンダトリーでは、通過後のアプローチが左に流されまさかの⑥。しかし9Hで15mのバーディーパットを決め、続く10Hの投げ下ろしアイランドでもバーディーをとり41でホールアウト。丁寧に攻めていれば30台がでても不思議では無い天候、コースだったので『41では...』と思いながらスコア提出。ランチをとって本部に戻ると、自分がアマトップでは...そして2打差で大敗した中部オープンの優勝者ちーばーどさん、6打差にマジシャン吉田さんがトップグループにいた。このコースは1R12Hだが、2打、3打差は1Hで逆転があるコース。そう考えるとセーフティーリードではない。そしてスタートは6H。最終ホールがマンダトリーホールとなるのだが、同じく最終ホールがマンダトリーとなった南相馬オープンでおー暇さんに1打差を逆転され2位となった事を思い出した。なんとしても2打差以上の差で最終ホールを迎えたい...そんな気持ちで決勝ラウンドスタート。確実なアプローチのちーばーどさん、柔らかいパットのマジシャンさん、サイドのうまいT野さん、力強いTショットのO石さん、それぞれの持ち味を出しながらも、自分も含め波には乗り切れず、二進二退(笑)。なんとか2打差を守ってあと3ホールとし迎えたアイランドの3H。Nop0703h ちーばーどさんのTショットはアイランドの中へ。自分のショットはアイランドを右へ横断し僅かに左へ...フロントティーからの3rdショットは距離を僅かに残し、パットが入らずまさかの⑤。ここで遂に並ばれてしまう。

Nop0704h
決勝11Hとなる4H。ちーばーどさんのショットは安全ルートの左へ。勝負をかけた自分のショットは、左へターンせずOB(グリーン)。なんとか④に治めたが逆転をゆるしてしまった。残すは1H。トリプルマンダトリーホールのみだ....
Nop0705h

Nop0705hg
ここで追い付くには最低でもバーディー(パー4)が必要。そしてバーディーを獲るには、マンダトリーに近づけなくてもいいから、ディスクをマンダトリー手前の左サイドに置く事が必須。そこからストレートラインでゴールにベタピン...それが自分のプレイラインだった。 ちーばーどさんのTショットはマンダトリー通過直前でディスクが着地。そこはマンダトリの右サイドだった。そして、自分のTショット。飛距離をやや抑えマンダトリーの左サイドに何とか着地。そしてアプローチ。やや力が入ったがディスクはゴール奥6mに!ちーばーどさんの2ndショットはまさかの上段ホールのグリーンOBへ....アプローチはしっかり決め⑤確実。そして自分のバーディーパット(パー4)。決めれば優勝、入らなくてもサドンデス。ここ1ヶ月取り組んでいた左足前パットで手から離れたディスクは、チェーンの音を僅かに鳴らして地面に着地。優勝争いはプレーオフへ。(づづく)

| | コメント (0)

2007.10.30

日本オープン 2007 その1

  日本オープン、中部オープン(5位)のリベンジ、そして悲願のアマランキング1位 そう願っての今大会の参加だった。ただ、エントリー時点では小豆島での大会にどれだけのプレーヤーが集まるのか?アマ部門は成立するのか?そんな心配をしていた。エントリーリストが発表されると、そこには中部オープン優勝者のちーばーどさんをはじめ各大会の優勝者の名前を発見。モチベーションが一気に上がり練習にも熱が入った。

<<大会前日>>21:20横浜を出発。今回はGさん、mukeさん、あさやん、M田君の5人で車での移動。雨の東名...嫌な予感が的中。軽トラックの横転事故で大渋滞に巻き込まれ、フェリーの出発時間が危ぶまれた。しかし、運が味方したのかそれ以降は渋滞もなく、ギリギリセーフ!プロの皆を1Rに間に合わせる事ができホットするのでした。
<<大会1日目>> アマは試合がないため、1Hスタートの梶山(学)プロのパーティーに帯同。丁寧に丁寧にとゴルフをしている感じがしました。ラウンド終了後、『OBを出さない力』が大切である旨の話を聞かせてもらいました。(ありがとうございました)お昼を過ぎる頃になると、アマのプレーヤーが続々と到着。フェリーでの移動があるとはいえ、1日大会の為に前日入りする姿に『これがメジャー大会の力か?』と思うのだった。アマのラウンド練習許可が出て、何人かと一緒に周る事ができました。予想以上のアップダウンと海風で距離感とディスクコントロールに苦しむ中、ゴール周りの傾斜と、セーフティーゾーン、プレイラインの確認。プロの3R終了後、隣接のホテルへ。大浴場とコース料理とプレーヤーとの会話を楽しみながら明日へ備えるのでした.....(つづく)

| | コメント (0)

2007.10.29

日本オープン2007 <<フォトレポート>>

2007nihonop
 今年の日本オープンは初めての会場という事もあり、変則日程とスケジュール変更がありました。アマチュアの決勝ラウンド中にプロの決勝が開始、終了、プロ表彰式が終了したため決勝の動画を撮影する事ができませんでした。初日に撮影した各ホールの写真等のスライドショーをお楽しみください。詳細レポートは後日に!

| | コメント (1)

2007.10.28

優勝

優勝

| | コメント (5)


| | コメント (0)

最終結果

最終結果

| | コメント (0)

日本オープン4 r

日本オープン4<br />
 r

| | コメント (0)

日本オープン速報

日本オープン速報
2日目はホール短縮でスタート!今日は無風

| | コメント (0)

2007.10.27

日本オープン速報

日本オープン速報

| | コメント (0)

ギリギリセーフ

ギリギリセーフ
大渋滞に巻き込まれ乗船ギリギリセーフ。

| | コメント (1)

2007.10.26

小豆島 侵略作戦

 まもなく小豆島 侵略作戦開始です。予想外の台風で、明日のプロ部門は微妙に影響がでそうです。アマは明日はラウンドがありませんが、誰かに帯同したり、練習時間を有効に使って小豆島でのゴルフを楽しみたいと思います。では 作戦開始!

| | コメント (0)

2007.10.23

夜中のAce

 ここ数日間は好天が続いているので朝、晩練習をしている。今夜もパットの練習に加え、公園の該当に照らされたゴールめがけてアプローチの練習(50~80m)。飛跡は見失う事があるが、ディスクは確実にゴール付近へ集まっている。今回の日本オープンでは、ショットに関しては『確実にハイザーで寄せる』事を目標。距離感を合わせるには、やはりハイザーが有効かな....そんな考えで今夜もハイザーでのアプローチ練習。そん中、いい感触で離れたディスク...暗闇に消えるディスク....そして『チャリーン』。なんとホールインワン。試合、練習を通しても3,4、回しかないので、嬉しいAceだ。日本オープンが楽しみだ。

| | コメント (0)

2007.10.21

Wマンスリー

 土曜日は辰巳、日曜日はひたちへとWマンスリーでした。
まず土曜日、ちょっとだけ早く(9:00頃)着いたのだが誰もいる様子がない。特設ゴールもバナーも受付机もない...?日付を間違えた?理解できないまま歩いているとT橋さんが事務所からやってきた。まだ誰も来てないとの事。開催を迷ったが、二人程現れ、慌てて準備へ。1,2番の設置が終わった頃にあさしん登場しなんとか10:00過ぎに設置完了。しかし集まったのは9人だけ。小田さんが午前中のみのプレーだったので決勝も全員決勝となりマンスリーを終えた。
そして日曜日。ひたち海浜公園は無料開放という事もあり大勢の来園者。そのため、午前中は19から27の常設を2R。それでも、来園者を気にしながらのプレーだったため思うようにスコアを延ばせず50で終了。午後は林間コースを上手く切り抜けての49。マンスリーで久し振りの49は、Wマンスリーで目標にしていたアンダー50の達成だったので満足のいく結果だった。それに加え、左足前のショートパットの使える見込みが確認できた事、ハイザーでのショートアプローチ練習の成果を確認できた事に満足でした。辰巳、ひたちマンスリーには本当に感謝です。あと1週間、基本練習とパット練習に重点を置いていこう。

| | コメント (1)

2007.10.17

日本オープン コースマップ発表

 待ちに待った日本オープンのコースマップが発表になった。東京オープン以上にOBがタイト。海外のメジャーを意識しているのかな(想像)。ゴルフ場は傾斜があるそうなので、僅かなスローの角度の違いや、着地角度によって明暗を分けそう。70mと90mのティーショット、ショートアプローチ、そして『思考』が大事になりそうだ。明日からは、その辺を中心に練習と戦略構想だ。

| | コメント (0)

2007.10.14

龍ヶ崎

 日本オープンに向けて、本日は龍ヶ崎でラウンド練習。地元の人と一緒にラウンドさせてもらいました。超特設ティーでのラウンドは、公式戦並の設定で非常に楽しかったです。みなさんありがとうございました。来週は辰巳、ひたちのWマンスリーでラウンド感を取り戻して最終調整。帰宅後、ビデオ録画しておいた女子プロと男子プロのゴルフの試合を鑑賞。女子の方は今季注目のプレーヤー上田桃子が最終ホール、1mのパットを外し横峰さくらとプレーオフへ。最終的には、終始プレーのリズム、ルーティンが変わらなかった横峰さくらが優勝。 男子は、決勝ラウンドで8バーディーで大逆転した谷口が優勝。ゴルフ中継はよく見るが、バック9でのプレーヤーの気合や集中力はテレビからでも伝わってくる。あんな風にディスクゴルフもプレーしてみたい。

| | コメント (1)

2007.10.13

日本オープンへ向けて

 2日間大会の東北オープン、小豆島での開催となった日本オープン、どちらも参加したかったが今年は『日本オープン』に参加する事にした。ポイントランキングレースにとって重要な試合だが、それ以外に日本オープンの大会要綱に記されていた『開催あいさつ文』を読んでプレーヤーを魅了するその場所を自身の目で確認したくなり今回の参加を決めました。今回はアマチュアなので1日だけのプレーだが、前日に上陸するので練習から楽しめそうだ。(常設)コース写真の一部が載っていたが、斜面を利用したコースが多いのかな? という印象。ゴール付近も斜面が多そう?ハイザー、アンハイでの僅かなミスがOBや、距離の残るパットを残しそうだ。ひたちの21から23番みたいな感じなコースで距離が長めなホールが多いのかな?....そんな事を思いながらパットの練習に励むのでした。

| | コメント (0)

2007.10.12

地デジ の ツヅキ2

 10月1日から緊急地震速報のサービスが開始された。地震ともなると『1秒』が命取りとなるだけに、そのサービスは重要だ。その緊急地震速報は、ラジオの他、テレビでも伝えらるのだが、ここで問題になるのがタイムラグ。
地デジやスカパーは地上波に比べ、2~3秒遅れて電波がくるのだ。(2画面機能でアナログと地デジで同じ局を見ると一目瞭然) 進化しているハズなのに.....地上波を見ているか、地デジを見ているかで最初の1歩に差がでそう......

 地デジのカンドウ 『データ連動』
 この機能で、市内の天気予報や交通情報が簡単に見れる。お出かけ前の鉄道情報(フジのみ?)や道路状況が確認できる。
 

| | コメント (0)

2007.10.09

地デジ の ツヅキ

 地デジの中でテレビ東京の映りが悪かった原因...それは呆気ない理由だった。
まだ、賃貸マンションのアンテナが地デジ対応を実施してなく、現在、他の局が見れるのは偶然。アンテナ方向の調整について契約業者と検討してみるとのと返答だった。地デジチューナーの薄型TVが売れている中で、自分のところの居住者は誰も購入していない!?のか、アナログ放送を見ているのか?テレビ東京を見てないのか?いろいろ疑問が湧くが、早めの対応お願いします。

| | コメント (2)

2007.10.07

地デジ

 落雷による(ブラウン管)テレビが故障したのは2年前。修理をしたものの、画面が映らなかったする事が多かった。新しいTVの購入を検討していたが先日、思い切って購入!SHARPの37型(37GX4W)。フルハイビジョンの倍速表示。以前のTVは32型だったので大きさ自体にあまり感動は無かったが、デジタル放送時の画質は綺麗でした。アナログ、地デジ両方の視聴が可能なので、当然、地デジだけ....となるはずが、問題が出てきた。『受信レベル』の問題だ。なぜかテレビ東京だけ、受信レベルが低いのだ。特に昼間は低く、そのためブロックノイズが多発。アナログでは、受信状況が悪くても、なんとか見れるが、地デジでは音声も途切れるし我慢できるものではない。(地デジ対応の)ビデオを通して見ると普通なのだが...原因は
1.アンテナの向き
2.アンテナ自体
3.配線
4.周囲の建造物による影響
等の問題があるらしい。

対策として、
1.(アパートの)管理会社に連絡し、アンテナの調整をしてもらう。
2.ブースターを取り付ける。(アンテナに問題がある場合は効果がない)。
3.テレビケーブルを短めの物に交換する。
等。
ブースターは4万円位するので管理会社に連絡してみよう。
(つづく)

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »