« されど5m | トップページ | 地デジ »

2007.09.27

左足が前でも...

 5mのパットを確実に入れる!それが自分にとって、スコアアップの最短距離。現在のパットは、アップライトを基本とし、通常は右足が前となる。が、リリース時に左右、上下に僅かに体がブレたりして、パットが外れてしまう時がある。また、回転が強いため、ゴールの左側にそれると外に弾かれる。5mから7mのパットを外す時は、それが原因が殆どだ。では、どうすれば,...足腰の筋力強化、回転を弱くする...等、いろいろ試していたが  『左足を前にしてパットをしてみたら...』ふと、そんな事が思い浮かんだ。昨日から練習に取り組んでみたが、悪くない。体の左へのブレが激減、ディスクがゴールの中心から右側の間に行くことが多くなり、回転が強くても弾かれる事が少なくなったような気がする。力をディスクに伝えるポイントを、少し前にした事でさらに精度がアップ...かも。7mの距離までなら対応できそうだ。

|

« されど5m | トップページ | 地デジ »

コメント

Gさん U.S.A.からのコメントありがとうございます。コメントのお陰で、自分の試してる事に自信がつきそうです。USDGC頑張って下さい。早朝の日本から応援しています。

投稿: マロロ軍曹 | 2007.10.05 22:11

左足前のパット、試合でやっていたかはわかりませんが、練習でデービット・グリンウェルがやっていましたよ。

投稿: G | 2007.10.05 21:52

吉岡さんありがとうございます。パット時の体のバランスは非常に重要ですね。オープンの時も左足が前でもいけるか、挑戦しています。体は、使わず腕だけのパットとなりますが、体のブレが減るような気がします。パットスタイルは千差万別ですが、スコアメイクでは一番のポイントですネ。

投稿: マロロ軍曹 | 2007.10.04 20:09

私は、ストラドルでパットをする時は左足が前、
オープンは右足が前です。
今、トレーナーさんに体を見てもらいながら投げていますが(体に麻痺があるので)、
ディスクゴルフは右足に非常に負担がかかるので
どうしても重心、中心軸がぶれやすくなる。
負担を減らし、体のバランスを保つことが
スコアメイクにも大切だと言われました。
トレーナーさんにはDVDを見てもらい
具体的に動きを見てもらっています。

投稿: 吉岡@岡山 | 2007.10.04 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« されど5m | トップページ | 地デジ »