« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.31

最近のパット

 最近、夜10時を過ぎると眠くなる。そんな理由でブログの更新が.....
でも朝練?日課?は続いています。最近はパット、アプローチが中心の練習。そのパットが自分なりに安定してきた。といっても、方向が安定し、(ゴールに)ノータッチ通過は大分減った程度。トッププロのレベルにはまだまだだが、安定の理由を考えてみると、
 1.握り位置をディスクの45度の位置で一定に!。
 2.パットのプレショットルーティンにおいて「しっかりとラインをイメージ。」
 3.腕の力を抜く事が自然に出来てきた。
  →イメージしたラインにディスクが乗り易くなった。
当たり前の内容かも知れないが、やっと出来るようになってきた。日本選手権まであと2週間、さらに精度アップできるように明日も練習!

| | コメント (0)

2007.05.27

0.9mm

 シャーペン=(芯は)0.5mmというのが頭にあったが、100円ショップで0.7mm、0.9mmの替芯を発見。以前、ディスクゴルフのスコア記録時にシャーペンを使用した事があったが、芯がポキポキ折れ使い物にならなかったが、0.9mmなら折れにくいのでは....?と思い、シャーペンと替芯を購入。芯は柔らかい「B」を購入。帰宅後、試し書きをしてみると書きやすく、芯も折れない(驚き!)。これならディスクゴルフにでも使えるかも...ただ、0.9mm対応シャーペンの種類が少ないため、短いシャーペンが無いのが残念。

| | コメント (2)

2007.05.25

「賞金王」的思考 その1(全15回)

2005年、2006年の男子ゴルフ賞金王『片山 晋呉』。その著書『賞金王』。、「勝ち続ける」...つまり必然の「勝ち」を手にするための思考とは
1.より大きな目標
  片山晋吾は「ゴルフ界を変える!」といった大きな目標を持ち続けている。そのた
  めに、初勝利や賞金王に満足することなく、次の目標へ向っていける。

2.明確なビジョン
 『なりたい自分』『残したい結果』の明確なビジョンをもちイメージする事が大切。
 決して途中で諦めることなく持ち続けること!

3.人生は思ったようになれる、そして思ったようにしかならない。
 人は思い描いた自分になれるように自然とその方向に行動や努力をしていくものだ。
 その思いが強ければ、そして明確なビジョンがあればその達成はより確実なものになる。
 プロスポーツや経済界等のトップクラスで活躍している人は以前からその世界での
 ビジョンを持っている。「思い描くこと」が大切。
                                         以 上


 

| | コメント (0)

2007.05.22

モリモリひたちマンスリー

 10ヶ月振りにひたちマンスリーに参加。多くの来園者が予想されたため常設1-18のティーずらしと常設1-18そのままの2Rでおこわれました。風もなくディスクゴルフをするには絶好の天気。10ヶ月振りともなると初めてお会いするプレーヤーも大勢いて、この日も数名の初参加者も!。その中には週8回!?公園にきている方も...一度帰宅してから午後、また来る日もあるという事らしいです。凄い!
 さてラウンドの方は、40台で周るプレーヤーが多数いる中、自分は1R5バーディー2ボギー、2R5バーディー2ボギーと51,51の102のオープンの中では下の方。前日の辰巳マンスリーとほぼ同じスコア(トホホ)。決勝進出には、O島さんやmukeさんらがM田君、K崎さん、K子さんとともに進出。公式戦や辰巳マンスリーでは、そう差の無い相手が上位にいる事で、今の自分にない技術がある事を感じました。狭い短い距離をスッーと行くスローですかネ!
 それと今回のひたちマンスリーは楽しい企画がモリモリでした。ミニディスクゴルフ大会、アキュラシー大会、ニアピン、そして70回記念大抽選会とラウンド以上に盛り上がったのでは?ミニディスクゴルフ大会では、今回初参加の神奈川A倉さんがエース!凄い! またO島さんがM田君を抑えオープン2位!とこちらも盛り上がりました。みんな笑顔でひたちを後にしていたのが印象的でした。みなさんおつかれさまでした。

| | コメント (1)

2007.05.20

辰巳マンスリー(平成19年5月)

 本日の辰巳マンスリーは、芝生広場がグランドゴルフ大会での使用のため、変則コース。といっても、東京オープンでの6番(トイレ裏がゴールのマンダトリー)と13番(いつもの3番の逆)を加えただけ。風も無く、好スコアが期待された。ところが、ミーティングの開始と共に雨が....一日雨?と思っていたところ晴れを呼ぶ男?T2さんの登場と共に雨が上がり1Rスタート。良くもなく、悪くもなく4バーディー1ダブルボギーの52で終了。2R目は、今回の臨時ホールを連続してボギーとし崩れるかと思われたが、持ち直して4バーディー2ボギーの52。まあ、前回の最悪スコアに比べれば良しとしよう。ところで、今回より?2R目はプロ、アマ毎の成績順でパーティー決めとなり、2R目は湘南ボーイさん、N岳さん、D地君とラウンド。湘南ボーイさんのショットの飛距離アップ、N岳さんの10m以上のパットをドンドン決めていく光景には、アマのレベルアップを感じました。特に湘南ボーイさんは、いつもの9Hで午前中は連続バーディーだったり、アップサイドでのリカバリーを決めてたりとその実力は急上昇中!それとタイガーさんの10Mのサイドパットが見事に決まっていたのも印象的。それと、いつもの8番でアマ4人でスターフレーム。今年のアマは面白くなりそうです。
 自分のプレーですが、南相馬オープンでの発見、反省を活かして取り組んでいた練習が実を結びました。
 使用ディスクにクラシックロック(再)、スティングレー、カイト、SOFを追加。ほぼ、思ったようなプレーができ実戦でも使えそうです。順位の方は、なんとかアマで優勝できホットしていますが次回は100を切れるように頑張ります。ここら辺が一つの壁か....来月は日本選手権で中止の予定だそうです。
本日のベストプレー
 ベスト2:いつもの4H,5H。クラシックロックをストレート気味に右に出し、最後は
      柔らかく左に落ちゴールそばへ。それぞれ2バーディー。
 ベスト1:いつもの6H。Pro Tee-Biredをストレートに出し、ややライトターンさせベタピン!

さて明日は去年7月以来のひたちマンスリー。朝練をするキッカケとなったひたマンでどんな結果を出せるのかが楽しみだ。 

| | コメント (0)

2007.05.18

『賞金王』的思考 その0(毎週金曜日更新予定、全15回)

2005年、2006年の男子ゴルフ賞金王『片山 晋呉』。その著書『賞金王』のサブタイトルに、『「勝ち戦」からしか本当の勝ち方は学べない』と記されていたのが目につき購入。ゴルフに限らず、勝負の世界では負けて学ぶ事、勝つことでしか学べない事がある。そして、勢いや棚ボタの偶然の「勝ち」ではなく、「勝ち続ける」...つまり必然の「勝ち」を手にするためには....    そのための思考がこの本には書いてある。ディスクゴルフにも役立つ共通した思考法もあると思い、自分の考えも入れながら、まとめてみよう思います。では、来週から...

| | コメント (0)

2007.05.17

練習レポート(平成19年5月)

 最近、練習メニューを1つ加えた。アプローチ練習時に15m先にコーンを5m間隔に置きその間を通してゴールを狙う練習だ。マンダトリー練習のつもりです。。南相馬オープンでの反省を、実力アップへ変えるための練習です。本当は、コースへ出て練習できればいいのだが....安く、近く、短く、そして楽しく、上手くなる練習方法を追い求めて、明日も早朝練習です。
 南相馬オープンでスキーターとカイトを購入。感じとしては、スキーターは使いこんだロックと同じような飛び方。
そしてカイトは最後の10mが良く伸びる。ややタイトなコースでストレートラインで狙う時に使えるかも...

 話しは変わって、自分の田舎が全国1位になりました。何の1位かというと、選挙の開票スピート。以前、新聞記事に、様々な工夫や予行練習をしていた内容が記載されていた。同じ事をやるにしても、高い目標を持ちその達成への強い意欲が、目標達成のための方法や工夫を産みだしてく。そして、目標は達成され更なる目標を掲げる事ができる。目標の持ち方って大事ですね。

| | コメント (0)

2007.05.15

ネモフィラ

Cimg5182
 2週間連続で週末は公式戦だったので、先週の土曜日は家族サービスでひたち海浜公園に行ってきました。
ネモフィラハーモニーが一番の目当て。去年も行ったのだがピークを過ぎていたので、今年はピーク時を狙って行ってみました。そのせいか来園者が多かったかな..?それと年間パスポートを購入!もちろん駐車パスポートも。これもSK井さんからの情報のおかげです。年間で7回くれば元がとれます。(今回と、マスター選手権、ダブルス、あとはマンスリー何回か...)今度の日曜日は70回記念のひたちマンスリー。来園者が多そうなので気になりますが、高速代半額になる事も判ったし気分は前向き。


 

| | コメント (0)

2007.05.13

ムービングサタデー&『獲るバーディー』『来るバーディー』

 (ボール)ゴルフには「ムービングサタデー」という言葉がある。第3Rが行われる土曜日は、決勝ラウンドへ向けスコアの伸ばす選手、スコアを守ろうとする選手でその順位が大きく動く事からそんな風にいわれている。今回の東京オープン、南相馬オープンではその第3Rで各大会での最高スコアを出せた事、順位を上げる事が出来た事は、今後の自信につながると思う。また、各3Rで共通に感じたのが「狙って『獲るバーディー』もあるが、向こうから『来るバーディー』もある」のだと。決勝ラウンド進出への執念と1投1投の集中力、そしてアマチュアのレベルアップがそういう状況を生んだと思われる。日本選手権まで1ヶ月。どんなラウンドになるか楽しみ。
 

| | コメント (0)

2007.05.10

南相馬オープン③etc

 OVER 60・・・・・・今回の南相馬オープンでI嵐さんとラウンドしたが、60歳を越えているとは思えないショットでした。事実、3Rを終えルーキープロや若い?プロを抑え堂々の予選通過!マスターと比べると2位の成績!

 E.T.C・・・・・・・・・ ひたちのSK井さんから教えてもらったのだが、高速でE.T.Cを使うと『100km未満』で降りると料金が半額になるので、東京方面から来る場合は途中で降りて乗り直すのがお徳との事。おかげで帰りは1300円も徳。ディスク1枚分は大きい。SK井さん、ありがとうございました。でも、なんだかな...100km分は自動的に半額にして欲しいですね。

 ロスト・・・・・・・・・大会前日の練習で6番ホール付近にてエビアパターをロスト。結局ロストのまま。大会翌日の帰路途中に再度探してみましたが、発見できず。どなたか見つけたらお願いします。m(__)m

 マンダトリー・・・2位に終わった翌日、帰路途中に馬事公園に立ち寄る。ロストディスクの捜索を兼ね、決勝最終ホールで5で終わったマンダトリーに挑戦。小雨降る中、何度やっても4が最高。改めてO島さんやプロのパーの凄さを実感。来年は通してやるぜ『マンダトリー!』

 G.W.(ゴルフウイーク)総括!
 『東京オープン優勝』『南相馬オープン2位』と今シーズンも好発進!去年と違うのは両大会ともLTからABTになりその質もグレードアップ。これもスタッフの尽力と協賛のヒーロー様のおかげですね。それと個人的には、両大会とも『ゴルフをした!』と実感した大会でした。それは、ゲームマネジメントやゴルフ脳を使った大会だったからであり、この1年での自分の変化を感じる大会でした。また、アマチュアのレベルアップを感じる大会で、これだったら来年も.....と思うほどでした。
 さて、日本選手権も要綱が発表され、その日まで30日余り。悲願のビックタイトルを奪取を目指して冷静に熱く頑張ります。


 

 

| | コメント (0)

2007.05.08

2007南相馬オープン『タラ・レバ』

 あのショットを刻んでいタラ....あのパットが入っていレバ...1打差で優勝を逃したプレーヤーはホールアウトした瞬間にそう思うのだろうか?少なくとも、自分はそうだった。2007南相馬オープン、アマチュア・アドバンスは、東京オープンに続き激戦。1R=58、2R=61で1日目をトップと1打差の2位で初日を終了。3Rを6バーディー1ダブルボギーの50で終え、逆転で予選1位通過。ここまでは、東京オープンと同様の展開だったが、その差は4。バーディーとボギーが背中合わせのコースでは、安全な差では無かった。決勝ラウンドは、プロティーを使用する3ホールを含めた9ホール。その中には、マンダトリー、アイランドホールと予選で苦しんだホールあり、不安の中の決勝ラウンドスタート。最終ホールのダブルマンダトリーまで、その差を保持していたい!...そんな気持ちだった。ラウンドはセーフプレーを心掛けていた自分に対し、O島さんはアグレッシブなプレーで徐々に差が縮んでいく。17番Hで目前の木に当ててのボギー、18番Hアイランド失敗が響いて、最終ホールを前にして1打差まで追い上げられた。そしてダブルマンダトリー。注目のO島さんの1投目は、見事に通過。自分はマンダトリー左側の木にあてるもセーフ。2投目は、2ndマンダトリーとの中間地点で木の裏側。O島さんは2投目は、2つ目のマンダトリーを見事に通過させ、ゴール横8m。3打目は、サイドでしか投げれずマンダトリーの通過が精一杯で結局ダブルボギー。そしてO島さんがパーパットを決め勝負あり。その瞬間に、予選1Rからのプレーが頭の中で再生され『あの時○○していタラ、あの1投が入っていレバ....』とプレーを振り返っていた。しかし、次の瞬間『そんなタラ、レバ思ってもしょうがない、問題は『勝ちたい気持』『勝利への執念』なのだ』と今回の大会を反省。その辺りを次の参加大会『日本選手権』でのテーマとしよう。  それにしても、最終ホールでプロでも難しいダブルマンダトリーを果敢に攻め、パーで上がり優勝を決めたO島さんには脱帽です。そしておめでとうございます。

| | コメント (0)

2007.05.07

南相馬オープン①『ギャラリー以上、選手未満』

 南相馬オープン動画編集終了、アップしました。アドバンス激戦の詳細は時間も遅いので詳細は後日。

 決勝ラウンドは、ギャラリー以上、選手未満...つまりキャディー..しかも優勝したT2さんのキャディーをやらせていただきました。これが初キャディー。でもキャディーをやらせてもらった事で、ギャラリーとは違った視点、そして自分も選手のような気分と試合の雰囲気を楽しませていただきました。また、選手に近い目線で試合を見る事ができ、勉強になりました。T2さん ありがとうございました。そして優勝おめでとうございます。ただ、(キャディーとしての)反省としては、決勝9Hの特設ホールにおいてゴールまでの歩測をしていなかったが悔やまれます。(苦笑)


| | コメント (0)

2007.05.05

南相馬オープン

優勝 菊地さん 自分は決勝で大島さんに逆転され一打及ばず2位

| | コメント (1)

2007.05.04


| | コメント (0)

2007.05.02

南相馬オープン

 明日、田舎へ帰ります。と、いっても南相馬オープン出場兼ねてですが.....天気は良さそうだし、今回は前日入りして練習。林間コースの攻略が勝敗の分かれ目と同時にスロー技術よりは精神力のタフさを試されそう。東京オープン同様、
 ① セーフティーゾーンの中心地点を狙う
 ② 自分のペースを守り、1投集中
 ③ (予選では)『バーディーはやって来る』という思考
でプレーしたいと思う。東京オープンとは違う難コースだが、アンダーパーで連覇を目指したい!

携帯メールにて速報しま~す。(予定)


| | コメント (0)

2007.05.01

東京オープン アラカルト

 
カリスマF田・・・・・アルテプレーヤー兼ブロガーのカリスマーF田君と初めてラウンドする事ができた。ブログは以前から知っていたが毎日の更新とその文章力には脱帽。そんなF田君だったが、まだディスクゴルフ公式戦の雰囲気を掴めていないのかその実力を十分に発揮できていなかった様子。しかし、練習熱心のようなので今後、大きく飛躍することでしょう...

プロ・決勝・・・・・・・1打差を争う好ゲーム。K山君1UPで迎えた4Hで、そのK山君がティーショットのOBに続き、パットでもOB。3mのパットを外したT2さんだったが残り5Hで2打差のリードに変わり、この瞬間、T2さん優勝!?と思われた。しかし、ここからジワリジワリと差が縮まり最終ホールのアイランドを前にしてタイスコア。プレッシャーのかかるところで、ゴール傍につけたK山君に勝利の女神が微笑む結果となった。なにか、ファイナルと同じような展開だった。

恐るべし・・・・・大会成績がアップされてレディースプロの成績には驚いた。トップのスコアはマスタートップよりも上を行ってるし、オープンと比べても予選突破レベル。恐るべし。

ルーキープ・・・・今年からプロへ転向したルーキー組ではmukeさんの8位が最高。アマワールド目指すあさしんは70を切る事は出来なかった。また6位と7位の差は19打差。トッププロの壁は厚いな....

さて、気持ちを切替えて『南相馬オープン』。こちらも『飛距離』という武器は使えず『スロー技術』と『ゴルフ思考』が試される大会になりそう。


| | コメント (3)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »