« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007.04.30

東京オープン 連覇!

 4/28,29と東京オープンが行われた。先週、強風の中で行われた辰巳マンスリーでノーバーディーの不甲斐ない成績で終わり、1週間はパット、70m前後のショット練習をしてきた。その成果が1Rから現れた。
 1R....今回初めて使用するマレットゴルフに隣接する公園施設に設けられた10番ホールからスタート。そこでいきなりバーディー。そのまま波に乗るかと思われたが、16番から18番までショートしてのOBで連続④。
このまま崩れる!? しかし、今回の東京オープンで求められていたアンハイの正確性が問われる、2番、3番、6番でバーディー。5番でもバーディー。結局、6バーディー、5ボギーと出入りの激しいゴルフで53。なんとかアマトップで1R終了。この時点で2R以降は『53』を切ることは難しくないだろうと思っていた。
 2R....1Rの穏やかな天候が一転。強風の辰巳となり雲ゆきも怪しく!そして優勝も怪しく!
14番ホールスタート。バーディーへの意識が強すぎて、ショットがショートとなり⑤を連発。おまけに、ホールを飛ばした事に誰も気づかず2ペナ。アイランドも入らず、泣きっ面に蜂。OBも連発!このまま崩れる~!しかし、恵みの雨!?突然の雷雨でラウンド中断。そのまま、サスペンスデットなり続きは翌日へ。結局3バーディー、5ボギー、3ダボ、2ペナで65。2位タイだが2ndグループでの3Rへ。
 3R....ここから『思考』が働きだす。以前にまとめた『思考のゴルフ』『ビジョン54』の内容を思い出す。そして今回のコース特徴から以下の内容でラウンドを進める事を決断。
   ① ゴールをデットに狙うのではなく、確実にパーを狙えるセーフゾーンのセンター
    に狙いを変更。(例:ゴールが設置されてりる島のセンター等)
   ② ショートよりはオーバー!
   ③ 自分の1投に集中。結果に一喜一憂しない。
   ④ 勝負は決勝ラウンド。
 そんな考えでラウンド。結果はゲームプラン通りに進める事ができ意識していなかったバーディーも6個獲る事ができた。それにノーボギーの48。(公式戦ベストスコア!) 『思考のディスクゴルフが出来たゾ!』って感じでした。
  決勝R...3Rの流れで3バーディー1ボギーの25。 
 
  結果は18バーディー12ボギー3ダブルボギー、2ペナの2オーバーで東京オープン連覇!
 
  アンダーバーで連覇は達成できなかったが、また1つ成長できた大会でもあった。また、最小スコアを競うゴルフの本質と面白さに深く触れる事ができた大会だった。
  
  今回、大会出場を断念してスタッフに専念していただいた、白井さん、ツッチーさん、ゴンさんを始めとするスタッフの皆さん、協賛のヒーローさん、JPDGAさん、辰巳の森公園に感謝、感謝です。おつかれさまでした。そしてありがとうございました。

  尚、デジカメが途中で故障してしまったため、恒例?の動画公開はできませんが、DGTVから今回の模様が発信されるようなので、そちらで御覧いただけるでしょう。プロの決勝は、一進一退の好ゲーム。見てて本当に面白かったです。

| | コメント (3)

2007.04.27

2007開幕!東京オープン

 いよいよ今年の(自分にとっての)公式戦初戦。明日からの東京オープン、来週の南相馬オープンとまさにGW(ゴルフウイーク(笑))。東京オープンは昨年、800日振りの公式戦優勝を飾った大会。その東京オープン、今年は公園の協力を得て、18Hでのプレーが可能に。また、ツッチーさん、ゴンさんの尽力で大会の質は大幅に上がるのは間違いない。ただエントリーリストにS井さんの名前が無かったのが気になる。スタッフに専念だとしたら、なんか申し訳ないような...そんな中でプレーするからには、中途半端なプレーはできない。ベストを尽くす事で応えたい。 目標は『連覇!』。類をみない難コースで、どんなスコアになるのか想像がつかないが、1つでもいいからアンダーパーで2日間を周れるようにしたい。このところ午後になると風が強くなるので、『風』攻略が最大のポイントとなるかな!?

| | コメント (0)

2007.04.25

質量

 最近ディスクの重さについての話題を目にするが、今日の朝日新聞に『物質にはなぜ質量(重さ)があるのか』という問題についての理論があり、その検証に成功した内容が記載されていた。『重さ』そのものを測定するのではなく『動きにくさ』を測るのだ。物質を構成するクオークは、ビックバン直後はその『重さ』を持っていなかったらしい。 しかし世の中には面白い研究をしている人がいるものだ。常識や定説に疑問を持っていないと新しい発見ができないのかもしれない。  それでディスクの重さって150gになったのだろう....あまり深い意味はないけど。

| | コメント (0)

2007.04.23

新コース

 土曜日の辰巳マンスリーが不甲斐ない結果に終わり気分が晴れなかったので、日曜日午前中に髪を切り、午後に龍ヶ崎に出来た新コースに行ってみた。ひたちマンスリーのページに掲載されていたので知ったのがきっかけ。着いてみると、地元の人達がコース整備を行っていた。その中にはY口さんの姿も..最近、試合には出場されていなのでその旨を聞いてみると『パットに自信がないから..』と。土、日は新コースでパット練習をしているそうです。  コースは!というと、なんといってもディスクゴルフ専用コース!9Hですが、それぞれフロント、レギュラー、バックティーがあるので3倍楽しめる!?(本当は18H作りたかったらしいです)。感じとしては、清原よりはややオープンかな?そして、無料駐車場が目の前にあり、使用料も無料!市も後押ししており、100人程度の地元愛好家がいるそうです。コントロールを鍛えるには、いいコースです。

 2周連続の公式戦まであと1週間。エントリーリストをみると、レディース、マスターが去年より激戦!アママスターもクラス成立と各クラスとも例年より熱い戦いが予想される。その中で、去年の南相馬オープン優勝者の693が、今年はマスターでエントリーされている。ん...面白くなりそう。

| | コメント (0)

2007.04.22

辰巳マンスリー(平成19年4月)

 久し振りに強風の中でのマンスリーとなった。そんな強風でもT2さんの確かなパットと連続バーディー、M田君の1R46とトッププロの実力を見せつけられた。自分は、1R5ボギー2ダブルボギー、2R5ボギーとノーバーディーに終わってしまった。2R計121(+13)は、記憶にない最悪のスコア。I上D君に初優勝を許してしまう2位に終わってしまった。とりあえず、I上D君初優勝おめでとう。   
 

| | コメント (0)

2007.04.18

東京オープン

 4日振りに朝練ができた。4月に入って不安定な天候が続いているがマンスリーはなんとか晴れそう。東京オープンは大丈夫か?そんな心配の中、待ちに待った今年の初戦『東京オープン』のコースマップが発表になった。
6Hのマンダトリーと巧みなOB設定で要綱にも記されていた『正確性を試す』コースとなっている。アマは13Hがアマチュアティーのため実際にはマンダトリーは4Hだが、それでも過去最高..だと思う。 いかにピンポイントで落すか!が鍵になりそう。ビックハイザーで落すか、スキップで調整するか...?コースマップを見ながらプレーを想像。イーグル、T-REXでの70Mハイザーが増えそうかな?明日からの朝練メニューに追加してみよう。

| | コメント (0)

2007.04.15

Be your own best coach(あなた自身のベストコーチになりなさい!

以前紹介したピア・ニールソン『ビジョン54』の中で『Be your own best coach(あなた自身のベストコーチになりなさい!)』の言葉があった。その手段として、デジカメと三脚で自分のパット練習を撮影。以前から、デジカメを使ってフォームの確認をしたい気持だけはあったのだが、なかなか実現していなかった(苦笑)。しかし、なかなか精度が向上しないパットに『なんとかしたい!』気持ちが大きくなり、やっと実現。客観的に観てみるのは、上達への近道!今後も続けて行きたい。それと、パットが決まった所だけ編集して試合前に観るのもイメージトレーニングになるのでそういった使い方もしていきたい。

| | コメント (1)

2007.04.12

マイ練レポート!

 最近、天候が不安定だが不思議にと早朝は穏やかな日々が続いている。無風かつマイナスイオンで満たされた中で、小鳥のさえずりを聴きながらディスクを投げるのは本当に気持ちがいい。今週からコントロール重視の練習に切り替え、1投1投プレショットルーティンを本番と同様に行う。『これが勝利を決める1投!』『これがJOへの1投!』そんな感じで集中力を高めての練習。長くて1時間そこそこの練習なので投数は限られているが、意味のある練習であると信じたい。今日からゴールを中心とした10mの円上にコーンを置いてアイランドを作っての練習。意外にこれが集中力とモチベーションを高めてくれる。
 練習内容は、
  ①100m弱でのショット練習。(場所の都合上、距離はこれが精一杯)
   ハイザー、アンハイ、ストレート。最近はノーステップでの練習もしています。
   これは、2ndスローで長い距離が残った場合、雨で足元が不安定な場
   合の対策用です。
  ②50~70mのアプローチ。
   ロック、エビア等で練習
  ③パット練習
    ストレートパット。精度向上が現在の課題です。不器用な自分は練習しか
    ありません。

 さて、あしたも練習...いやいや日課だ!
   

 

| | コメント (0)

2007.04.10

ナイスパー

 今日、JPDGAの会員証が届いた。いよいよ今年度も始まるといった感じだ。それと、各地で実力を確実に付けてきたプレーヤーが結果を出してきている。2008年度、面白くなりそうだ。東京オープンはマッチプレー以上に難コースになるとの事だが、コースマップの発表が楽しみだ。
 話題変わって今年の『マスターズ』。『ナイスパー』『ナイスパー』『ナイスパー』そんな実況が続いた。トッププロでさえ1m程度のパットを外す難しいグリーン。スコアを伸ばすには、パットラインの読み、そして精度の高いアプローチとミスショットからのリカバリー力が要求される。パーを獲るのも至難。ドライバーの飛距離が伸び、コースの総距離が伸びても、最後は1mのパットが勝敗を決める。ゴルフの面白さですね。

| | コメント (0)

2007.04.08

こりゃ安い!

 朝刊に普段は入ってこないスポーツ用品店の折込広告があった。広告に載っていた商品とその安さには驚き!
以前から欲しかったバランスクッション、それが通常価格3600円のところナント980円。これは買いだ!夕方に行ったがまだ山積み。それを2個ゲット。あとマーカーコーンも激安の4個セット390円でゲット。初めて行ったお店だったが中は意外に広く、野球、サッカー関連が中心でした。購入したバランスクッションでパットフォームの強化。不安定な状態でもしっかりパットができるようになるぞ。

| | コメント (0)

2007.04.07

ROAD TO JO

 一昨日はあまり寝付くことできなかった。JOへの出場権に関する記事が頭から離れなかったからだ。プラス思考に考えると、日本ディスクゴルフ界トッププレーヤーのレベルと各大会の質を大きくレベルアップになるかもしれない。各大会でJO出場権をめぐって激しい争いに...『この1投がJOへの道に!』 そんな場面もシーズン後半に見れるかもしれない。今年アマチュアの自分が実力で参加するには、最初で最後の最終予選でベスト9に入るのが最低条件。つまり、日本で9番以内に上手くなっていないと。去年のJO順位を見るとなんとGさんSK井さんが日本人9位。しかしJO30以内を目標は、日本人9位以内と同じ事。.....ん!?いかん、いかん、もっと目標を高く持たないと... 『朝練』は続くのである。


マロログやっと携帯に侵略!(携帯からも閲覧可能になりました。アドレスは同じです。)

| | コメント (0)

2007.04.05

メジャー制覇

 今日から(ボール)ゴルフのメジャー第1戦『マスターズ』が始まる。あの環境の中でプレーができるのは、羨ましい。ディスクゴルフも将来はあんな環境で出来たらいいものだ。日本からは片山晋吾が出場するが、現在その著書『賞金王』を読んでいる。その内容は後日、数回に分けて紹介したいが、『誰だって、いま生きているその世界の賞金王(トップ)になれる』...そんな言葉が印象に残る。 『メジャー制覇!』これを最大の目標にしよう。..で『来年のJOで30位内』が現在の目標だ。しかし、そこに大きな壁が出てきた。『ジャパンオープン出場権』だ。2007年のポイントランキング(プロ1~3位、マスター1位、レディース1位)と最終予選から4名の計10名。それ以外にヒーローの一般公募となっているが、人数、選考方法は未定。かなりハードルが高い!世界選手権出場よりJOへの参加が難しいという事になる。まあ、ディスクゴルフ界のメジャー大会化といったところでしょうか?
またアマチュア選手の出場の可能性は、最終予選(開催未定)での上位入賞のみ。 なかには、プロからマスターに転向する人もでてくるかも....どうなるJO!どうなる一般公募!不安と期待の2007年になりそう。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »