«  Suicaスイカ西瓜 | トップページ | 練習レポート(平成19年3月) »

2007.03.21

最近、気になった記事

 (ボール)ゴルフで最近、気になった記事が2つあった。
(1)クラブフェースの溝の問題
  簡単に言うと、ラフに入ったボールを出そうとする時、溝が入っているクラブの使用によりスピンがかかりやすくラフからでもピンを簡単に狙えてしまう。これではラフの意味がなく、ゴルフ本来のドライビング・アキュラシー(フェアウェイキープの重要性が損なわれるためだとの事。ゴルフの原点回帰への道具規制というところでしょうか。新しいクラブ、ボール技術とともにその規制も行われている(ボール)ゴルフの歴史。そこには、もっと遠くへ、もっ と正確に飛ばしたい人間の欲と、ゴルフ本来の目的とコース設計上の限界が交錯しているようにも思える。
(2)マナー違反への罰則強化
 人気が低迷している日本の男子プロゴルフ。年間試合は90年がピーク時で44試合が今年は24試合。因みに女子は36試合と男子の試合数を大きく上まっている。その一因としてプレーヤーのマナー違反があると日本ゴルフツアー協会が考えているようで、その罰則規定が強化された。その内容は、「クラブをたたきつける」「ロッカーでゴミを散らかす」「ファンへのサイン拒否」などに対して10万円から100万円までの罰金が徴収されるとの事。マナー向上も普及活動、人気を取り戻すため一環。ここら辺は、ドレスコード(服装規定)と共にディスクゴルフでも参考にしたいですね。
 

|

«  Suicaスイカ西瓜 | トップページ | 練習レポート(平成19年3月) »

コメント

野球の硬式ボール1つとっても、日米でも違いがある。アメリカンボールの方が芯で打たないと飛んでいかない。また、日本国内でも球場によって使用ボールが微妙に違う。道具の統一は必要なのかもしれないが、専用コースでも出来ないない限り難しいかも....ただJOでは慣れない150クラスでも、海外選手が素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれた事実は忘れてはいけないと思います。

投稿: マロロ軍曹 | 2007.03.24 18:46

クラブ溝の話、いろいろ考えさせられますね。
野球の場合、硬式ボールでないとあのスーパープレイは期待できないし(軟球・ソフトボールでは限界がある)、プロ野球では金属バットを規制している。
そうはいってもディスクゴルフではやはり「ヘビー解禁して欲しい派」です。
ヘビーディスクの方がコントロールのしやすいし、ラインナップの豊富さという意味で適切の道具のように思います。

でも先日は、TRXよりライトコンドルの方が飛んでました。(追い風強風ですが・・・)
バカとハサミは使いよう???

投稿: ツッチー | 2007.03.22 12:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  Suicaスイカ西瓜 | トップページ | 練習レポート(平成19年3月) »