« 今年の参加予定大会 | トップページ | 辰巳マンスリー『トッププロとの壁』(平成19年3月) »

2007.03.13

HDDレコーダー 故障!?

 3月12日にサービスマンから連絡がありました。要点をまとめると
 (1)録画された番組をシーン消去(コマーシャルカット等)や削除をすると、断片的な空領域が多数発生する。
 (2)追加で録画される番組は、その断片的な空領域から記録されていく。
 (3)それによりヘッダーの物理的な移動が非連続となり負荷が高まる。
 (4)レコーダーが番組の保存個所(アドレス)を把握できなくなる事象が発生しやすくなる。
 (5)それにより、再生およびダビングが不可能となる。

 パソコン等のHDDと仕組みが異なるため!?非連続領域への記録において不具合が発生しやすい。
 
(対処方法)
 HDDの初期化しかない。録画したら早めにDVDへダビング。定期的に初期化するのが望ましい。

 以上の内容だが、このような事象は数年前から発生し、メーカー側も把握しているようです。しかしながら、録画した番組が再生できなくなる致命的な事象について、マニュアル、ホームページに一切公開されいてないのは、裏切られた感がある。これでは、HDDの領域をいくら多くしたところでそれが何の価値も無い事に......
なんかスッキリしない。大企業のトラブル隠蔽体質なのだろうか?


|

« 今年の参加予定大会 | トップページ | 辰巳マンスリー『トッププロとの壁』(平成19年3月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年の参加予定大会 | トップページ | 辰巳マンスリー『トッププロとの壁』(平成19年3月) »