« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007.02.28

悲痛な決断

 妊娠をしないメス犬は殆どガンになってしまう。その回避として避妊をする。我家のノエルも例外ではない。先日、奥がその去勢をするための手術日を決めてきた。もう2歳なので決して早いとは言えず、苦悩しての決断だ。『この娘の子供を見てみたい』そんな気持ちは今でもあるが、現在の環境では困難。お金持ちで広い庭の一戸建ての家にでも住めていたら...そんな思いだ。きっと避妊を決断する飼主なら、みんなそう思うのかもしれない。 あと何年一緒に居れるか分らないが、一日一日大切に過ごしたい。

| | コメント (0)

2007.02.25

30周年記念

 学生時代に所属していたチームの設立30周年記念パーティーに行ってきました。久し振りに会う先輩、同期、後輩、初めて会う現役。総勢120名。実際はもっとOBがいるのだが、仕事や居住地の関係で半数程度の参加。
30年前のフリスビーブームでは、数多くのチームがあったが、ブームが去りチーム数も減少。30年も続いたのは日本で僅か4チーム。その歴史の中では、数名でチームを支えた時代もあり、そういったOBのお陰て今の自分がいる。ありがたい事だ。プレーを引退した40過ぎのOBの中には、『またやりたい!』との声も。アルテ・ガッツの魅力は年齢をも忘れさせる。(残念ながら『ディスクゴルフをやりたい』との声は極々少数)。今では、アルテ・ガッツとも協会をはじめてとする地道な普及活動でチーム数もかなり増え、ドッチビーという新競技もできた。第2次ディスクブームの到来も近いかな?また卒業生の中には社会人チームでアルテオープン、マスター、ガッツで世界一となったプレーヤーが数名出ている。もう世界との壁はないようだ.... 10年後のディスク界、チーム、そして自分はどうなっているのだろう....

| | コメント (2)

2007.02.23

思考のディスクゴルフ 最終回?(全20回 毎週金曜日更新予定)

自分にディスクゴルフの『ゴルフ』の部分で大きく影響を受けた本、『思考のゴルフ』(市村操一&金谷多一郎著)。なかなか勝てなかった頃に出会った本で今でも読み返している。そこで、前回の『ビジョン54』に引き続き内容をまとめてみる事に。では 最終回?

5 練習力の思考
  5-5 教え魔との付き合い
      人間には自己アピール欲求が潜在的にあり、教え魔によっては持論を一
     気に披露しないと気がすまないタイプもいる。時にはその内容に偏っている
     場合もある。『教え魔』と『コーチ』との違いの一つは、『信頼関係』の有無。
     これによって生徒?の知識吸収力に差が出てくる。ただ、『教え魔』も見方
     によっては、自身の苦労点について人一倍理解があるので、確たる持論が
     あるのなら徹底的に付き合う方法もある。


  5-6 得意ディスク
      ドライバー、アプローチ、パット...何でもいいから自分の得意ディスクを
     作る事が大切。まだそれが無いプレーヤーはパターに得意意識を作ると良
     い。パターに自信があれば、アプローチに余裕ができ、アプローチに自信が
     出てくればティーショットに余裕がででくるからだ。また得意なディスクを作る
     と、リズムが崩れそうになっても得意ディスクがリズムを取り戻すきっかけに
     なる。それを核にして、どのディスクも同じテンポで投げれるようにする事が
     大切。まとめると 
       ①得意ディスクを作る
       ②得意ディスクで自分のテンポ、リズムを作る
       ③そのテンポ、リズムで得意以外のディスクも投げれるようにする。


       以  上    次回は+α として 『役にたったベスト3』を発表     

| | コメント (0)

2007.02.20

練習レポート②(アンハイ)

 今まで使っていた『DXファイヤーバード』が、アンダー傾向に!ハイザーで投げたつもりが起き上がりそのままストレートで奥まで伸びる。当たり前だがゴールの右側に大きく外れる。DXの場合、傷が着いたりするとアンダー傾向になってしまうのでしたかがない。新品をおろして練習。ただ、アンハイで試投。ストレートでやや投げ上げてみたら、いい感じのアンハイ(というよりライトターン)。辰巳の6番、決勝2番で使えるかな?同じくDX-TeeBired(白)、20度位立ててのアンハイは最後にS字を書いてゴール付近に着地。これもいい。それと購入時からかなりのアンダーだったDX-TeeBired(黄)。ノーステップでディスクを60度寝かせてスロー。緩いS字を描き、OVER100。投げた本人もビックリ。
 話し変わって、数日前。久しぶりに強風の中の練習。右からの横風の場合もアンハイ傾向になる。アンハイ用ディスクはローラーに、ストレート用ディスクは右へ。以外にもDXレイス(黄色:やや使いこみ)がアンハイで使える。日々是 発見。

| | コメント (0)

2007.02.18

辰巳マンスリー『雨のち晴れ』(平成19年2月)

 肌寒さの中、辰巳マンスリーが行われました。 
 1R目は、T2さん、あさしんと濃い?メンバーでのラウンド。スタートの5番、7番でバーディー。『このペースでいけば50切りは楽勝....』と思いながらの8番ホール。今日もストレートで! しかし、直前の木に激突、アプローチもまさかのOBで⑤。これを機に調子を崩す。2Hでは、NEW T-REXを使用したが2周連続でショートのOB(④、⑤)。後半に2連続バーディーでイーブンに戻すも、不安定なプレーでスコアを崩し、トータル57(29、28、4バーディー、3ボギー、2ダブルボギー)。ここ最近では、最悪のスコアで1Rで終了。
 2R目。昼休みに頭の整理とパット練習をして迎えた。1R目と同じく5Hスタート。バーディースタートとはいかなかったが、続く6H、9Hとロングホールでバーディー。2Hも無難にパーで終え、前半ノーボギーの25。後半、7H、8Hでバーディーで後半-4。残り5ホール、50切が見えてきた。今回の鬼門ホール2番で10m弱のパットを決めアマ記録に並ぶ。そして最終ホールの4番、ショート気味で木の間を通してのパットが残った。これを入れればアマ記録更新!そんな事をメチャククチャ意識してのパットだったが、ねじ込んでバーディー。ノーボギーの48。『雨のち晴れ』なランドだった。
 決勝R。1H目、ビックハイザーで狙うも、ややオーバーでブッシュの裏に。チェーンに絡むもバーディーならず。
2H目、左からのアンハイをイメージしていたが、やや引っ張り過ぎに飛び出すもSを描いて、ゴール右5m。パットも決まりバーディー。3H、緩いS字スローをイメージしていたがここも引っ張り過ぎで右へ。なんとかパーセーブ。

ベスト3.アンハイでバーディーをとる事が目標の1つだった6番H。一度だけだったが、
     ほぼイメージ通りのラインで取る事ができた。次回はもっと.....
ベスト2.7H。前回より、イーグルを80度位寝かせて、最短距離でのハイザー狙い。
     60m位の感覚で投げて、3バーディー。イメージ通りの攻めが出来た。
ベスト1.決勝2H。イメージとはやや違っていたが、初めてバーディーが取れた。
     次回は3Hで取りたい。

予選スコアの105は、あさしん、mukeさんより悪いスコアだったが、2人とも今回よりプロ転向していたため、なんとかアマ優勝ができました。ディスクを頂きましたが、キィティーちゃんのやかんと交換。嫁さんも喜んでくれ、自分も満足。S井さんありがとうございました。 それとK道さんがこのブログの読者に加わりました。最近、コメントも減っていただけに嬉しい事です。来週はビックイベントだ~。


| | コメント (2)

2007.02.13

帰星!?中のサプライズ!

サプライズ その1 『パークゴルフ全54ホール』

  田舎では、パークゴルフの人気が凄い。数年前に18ホール(現27ホール)の専用コースが誕生して以来、年々愛好者が増え、市の協会だけで350人程の会員がいるとの事。父もその1人で、毎日午後から練習に行っているそうだ。そんなパークゴルフブームの中、新たに54ホールの専用コースが4月にできるそうだ。パークゴルフの街になる予感が...


サプライズ その2 『春高バレーに母校出場』

 毎年3月に行われる春高バレー。その大会に母校が出場。しかも、女子の方も地元の高校が出場。人口4万人足らずの街からこの快挙。


サプライズ その3『レギュラー132円』

 田舎でガソリンを入れたら『レギュラー132円』だった。普段はレギュラー会員価格114円の所で給油しているので『132円』は、ハイオクの間違いではと目を疑った。高いな~。

| | コメント (2)

2007.02.12

軍曹の帰星!? 続

 本日、福島より帰宅。お昼過ぎに実家を出発、そして原町馬事公園へ。1時間位で切り上げようと広場でショットの練習。間もなく、5人で周っていたパーティーが広場にやって来た。その内の女性から『一緒にどうですか?』と声をかけらた。『お願いします...』との返事と同時に自分の目を疑った。その女性とは世界のK本さんでは...思わず「K本さんですよね?」と聞いてしまった。話を聞くと、福島市のN野さんから昨日お誘いの電話があり、早朝に山形を出発、福島駅で合流して来たとの事。凄い!。流石、世界のK本さん。その後、6人で特設ティーを2周り弱。で、距離は短いのだが、コントロールの質が問われるコースに、珍プレー、好プレーの続出。楽しく周れました。みなさん、ありがとうございました。

 ところで、ラウンド前のティーショットの練習で、T-REX、レイスの飛行確認。その中で、日本選手権で販売されていたレイスの飛距離には驚いた(今日初めて投げました(^^;)。同じレイスでも当初発売されていた物とは質感が違い、その伸びは(NEW)T-REXを飛んでいた。


| | コメント (2)

2007.02.10

軍曹の帰省

 今、福島の実家におります。親戚のお見舞で一人で帰省。本日の早朝に家を出できたのだが、今週届いたT-REXをフルショットで投げたくて例の河川敷ヘ。6:00過ぎから30投したところでゾロゾロと少年野球集団が....「早っ!」と思いながら諦めて一路、福島へ。なんかスッキリしなかったので、南相馬馬事公苑に寄る事に。幸いにも雨も上がり10:30に着いてショットの練習。レイスより投げ出しをフラットにする必要があるが、飛はレイス以上かもしれない。また低空でも確実に左に切れてくれるので右側にハザードがあるコースや左からの風の場合に使えるかな。ただ、ショットの中で、レイス(黄色)も投げ出しはハイザーの角度でストレートを投げると緩いS字スローになり、今日一番の飛距離がでました。(推定130m)。 その後、地元の人と常設だけど特設ティー?の18ホールをラウンド。距離はさほどではないが、コントロールと多様なラインを求められるコース。来園者を気にせずラウンドができ、15mのパットも決まり気分上々。7バーディー3ボギー位だったかな?皆さん、朝から夕方までラウンドしているとの事。しかし、あのコースを週末、独占状態で使えるのは羨ましい。いつか、ここからチャンピオンがでるかも....あさって帰るときにまた寄ろう。


| | コメント (0)

2007.02.09

思考のディスクゴルフ その19(全20回 毎週金曜日更新予定)

自分にディスクゴルフの『ゴルフ』の部分で大きく影響を受けた本、『思考のゴルフ』(市村操一&金谷多一郎著)。なかなか勝てなかった頃に出会った本で今でも読み返している。そこで、前回の『ビジョン54』に引き続き内容をまとめてみる事に。では その19

5 練習力の思考
  5-3  練習時間が取れない場合
       ①一度の練習では、パットからティーショットま万遍なく練習。
       ②素振りや重り等で体の使い方を覚えたり、関節の可動域を広げる。
       ③街中で目測と歩測の距離があっているかの訓練をする。
       ④ソファーでテレビを見ながらディスクを握り、「感覚」の鈍りを防止する。

  5-4  練習メモの活用(オレ流レッスン書)
Cimg4401
自分なりのチェックポイントやディスクの飛行特徴、試合での反省等をメモをしておく。また誰かに受けたアドバイス等も記入しておくのもよい。「自分の言葉」「自分の感覚」で書いておく。これが「オレ流レッスン書」が出来上がる。そして、スランプに落ちたり、感覚、ポイントを忘れたとしても、この練習メモを読み返せば、スランプの踊り場から落ちることなく、調子の波を最小限にする事ができる。メモ帳は文庫サイズのものであれば、どこでも読み返せるし、ふと思いついた事をメモするにも便利。
       ※ 自分も去年の2月から実践しているが、少ない練習時間で掴んだ
        ポイントをメモしておく事は、上達にかなり役立っていると思う。
        (写真は実際に使用している練習メモ)

| | コメント (0)

2007.02.08

最近の練習レポート①

 今年は暖冬のお陰で朝練もそんなに苦ではない。朝練というよりは、日課になっていますが、とにかく朝は気持ちがいい。1時間足らずだが、最近はパットを中心に100m弱のショット(ハイザー、アンハイ、ストレート)、アプローチを万遍なく練習しています。パット練習は最近はスターエビア7枚で10mから行っていますが、昨日初めて7枚全て決まった。パットの精度も向上中ってところでしょうか?
 今日はその中で、ゴール奥向こうにディスクを落す練習をしてみたが、なかなかこれが難しい。いかに普段、コントロールがあいまいかが判る。先月のマンスリーで感心したのがM田プロがゴール5m以内に落としていた事。そんな精度を目指して、明日も練習だ!


| | コメント (0)

2007.02.07

ファイナル

 ファイナルの動画を編集・アップした。これまでアップできる総容量が500Mから10倍の5Gに増量。時間で言えば、50分から8時間。いままで折角アップしたのに容量不足で削除していたが、これで暫くは削除せずにすむ。
しかしデジカメでの動画には、いろいろ限界があるな(特に望遠が)と感じるのでした.....

| | コメント (3)

2007.02.04

新しい練習場

 先々週ドライブ中に見つけた広大なグランド。昨日そこで練習して来た。なんていったて縦250m横100m。綺麗な芝でもなく、トイレも水道もない河川敷のグランド。しかし、フルショットの練習には十分。難しい事は考えず、投げる、投げる、投げる。風もなく、雲一つ無い晴天!6:00からの2時間程投げていたが、誰もグランドには現れる事なく貸切状態。人を気にせず投げるのは気持ちいいものだ。ゴルフは飛距離を競うものではないが、ディスクが遠くに、そして時間をかけて着地する。その浮遊感は、やはりたまらない。
  この練習場が「JOで30位以内」への武器作りの場所になるのは間違いない!明日には注文したT-REXが
届く。JO Verより飛ぶらしい...来週が楽しみだ。

| | コメント (0)

2007.02.03

思考のディスクゴルフ その18(全20回 毎週金曜日更新予定)

自分にディスクゴルフの『ゴルフ』の部分で大きく影響を受けた本、『思考のゴルフ』(市村操一&金谷多一郎著)。なかなか勝てなかった頃に出会った本で今でも読み返している。そこで、前回の『ビジョン54』に引き続き内容をまとめてみる事に。では その18

5 練習力の思考
5-2 「スイング作り」と「ショット作り」
 練習では、「スイング作り」と「ショット作り」の区別を自覚する事が必要。
 「スイング作り」・・・・結果に囚われず、悪い癖の修正や正しいファームを意識
             しながら行う。この時、それまでと違うファームで投げるの
             で違和感があったりするが、その苦しさを乗り越える事で
             正しいフォームが身につく。できれば、コーチ等にチェック
             してもらながらするのが効果的。それと「気持ちがいいス
             イング」と「正しいスイング」はイコールとは限らない。
             違和感を受け入れる勇気を持ち、我慢強く繰り返す事で、
             違和感が心地よさに変わっていく。それが結果となって
             表れ、練習の楽しさを感じるのだ。

 「ショット作り」・・・・ショットの精度を確認するための練習。左右のバラツキ、
             飛距離、ラインを把握し、コースマネジメントへつなげる。
             練習時には、プレ・ショット・ルーティンから本番を想定して
             行い、一球一球集中して行う事が大切。

| | コメント (0)

2007.02.01

あけまして2007年

 ファイナルズも終わって、やっと2006年が終わった...そして今日から2月。ディスクゴルフも新しい年を迎え心新たに練習に励んでいきたい。ファイナルズが終わって何かモヤモヤした日々が続いていたが、昨日から朝練を再開。購入したTeeBird(147g黄色)を試投。持っていたTeeBird(150g白)がストレートでいい感じて投げれていたので購入したのだが、残念ながらアンダーだった。同じディスクでこうも違うかと思いながら、他の使用法を探る。
ノーステップでのストレート、ハイザーで高く上げて伸ばす..等で使えるかな....日本選手権では、あまりにも
スキップし過ぎてそのコントロールには苦しめられた経験から、あまりスキップしないようなラインで投げれる必要がある。その中でも、緩いS字のストレートまたはコントロールは難しいがビックアンハイが有効では...と思うのだが...

| | コメント (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »