« 練習レポート②(アンハイ) | トップページ | 30周年記念 »

2007.02.23

思考のディスクゴルフ 最終回?(全20回 毎週金曜日更新予定)

自分にディスクゴルフの『ゴルフ』の部分で大きく影響を受けた本、『思考のゴルフ』(市村操一&金谷多一郎著)。なかなか勝てなかった頃に出会った本で今でも読み返している。そこで、前回の『ビジョン54』に引き続き内容をまとめてみる事に。では 最終回?

5 練習力の思考
  5-5 教え魔との付き合い
      人間には自己アピール欲求が潜在的にあり、教え魔によっては持論を一
     気に披露しないと気がすまないタイプもいる。時にはその内容に偏っている
     場合もある。『教え魔』と『コーチ』との違いの一つは、『信頼関係』の有無。
     これによって生徒?の知識吸収力に差が出てくる。ただ、『教え魔』も見方
     によっては、自身の苦労点について人一倍理解があるので、確たる持論が
     あるのなら徹底的に付き合う方法もある。


  5-6 得意ディスク
      ドライバー、アプローチ、パット...何でもいいから自分の得意ディスクを
     作る事が大切。まだそれが無いプレーヤーはパターに得意意識を作ると良
     い。パターに自信があれば、アプローチに余裕ができ、アプローチに自信が
     出てくればティーショットに余裕がででくるからだ。また得意なディスクを作る
     と、リズムが崩れそうになっても得意ディスクがリズムを取り戻すきっかけに
     なる。それを核にして、どのディスクも同じテンポで投げれるようにする事が
     大切。まとめると 
       ①得意ディスクを作る
       ②得意ディスクで自分のテンポ、リズムを作る
       ③そのテンポ、リズムで得意以外のディスクも投げれるようにする。


       以  上    次回は+α として 『役にたったベスト3』を発表     

|

« 練習レポート②(アンハイ) | トップページ | 30周年記念 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 練習レポート②(アンハイ) | トップページ | 30周年記念 »