« 第1回東日本ダブルス(平成18年12月9日、10日) | トップページ | これって古武術!? ②(随時更新) »

2006.12.13

マッチプレー

 ダブルスのパートナーのSK井さん、実は1ヶ月前に足先を骨折したとの事。日本選手権は痛みをこらえつつ、踏ん張りがきかないままのプレーだったらしい。しかし結果はマスター部門でダントツ優勝。凄い。今回も完治はしていない様子だったがプレーからは微塵も感じられなかった。

 今回のダブルスで感じた事の一つが『トッププロのプレーは、ブレが小さい』という点。この辺りは単調な練習を繰り返して精度を上げるしかない! 

 来月はファイナルズ。マッチプレーとなるどんな試合展開になるのか想像がつかない。強気に行った方がいいのか、手堅く行ったほうがいいのか....今度の辰巳マンスリーの後で試してみよう。

|

« 第1回東日本ダブルス(平成18年12月9日、10日) | トップページ | これって古武術!? ②(随時更新) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第1回東日本ダブルス(平成18年12月9日、10日) | トップページ | これって古武術!? ②(随時更新) »