« ダブルス速報! | トップページ | マッチプレー »

2006.12.11

第1回東日本ダブルス(平成18年12月9日、10日)

 
 毎年組んでいたパートナーの都合が付かなかったため、急きょプロのSK井さんとのペアを組んで臨んだ大会だった。日本選手権の敗戦から間もなかったため試合へのモチベーションがあがっていったのは直前になってから。そんな中、成績は3位と初のオープン入賞となった。最低限の仕事はできたかな~。今回は成績よりトッププロと「組む」事でいい勉強になった。

1.林間でのスロー
  自分→林間の間を抜く事を考える。
      ストレート系のディスクで投げる。 
  SKプロ→目標とする木を決め、その脇を通す事を考える。
      オーバーのディスクで投げる。
2.ダブルス ベストショット
  共通部分→1stスローワーが安全策、2ndスローワーが狙う。 
  自分→2ndスローも順番を変えない。
  SKプロ→2ndスローは、採用されたディスクを投げたプレーヤーが最初に投げる。
        (プレーのリズム重視のため)
3.パットでの心構え
  『ガッシャと入れる感じで!』 パット前にそんなアドバイスを頂いてパットをすると
  結構入った。いつもより少しだけ強気になれた成功の元?日本選手権で不調だ
  ったパットだったが、今回はまずまず。

4.ベストショットの作戦
  ダブルアイランドのような場合、1stスローがmainスローワーが投げ、2ndス
  ローはその結果によってレイアップするか狙うがを変えていく。その方が二人
  で狙える確立が高くなる。レイアップしてもパーが獲りやすいホールはこの方
  法がいい。

それ以外にダブルスとディスクゴルフの面白さとメンタルの重要性を決勝を通して認識
できた。また、決勝の雰囲気を楽しめて非常に満足。

土曜日は小雨も降る中、地元のボランティアスタッフの方が安全対策のため配置
されていて、安心してプレーする事ができた。ありがとうございました。

さて、今週末は辰巳マンスリー。50を切れるか? 来月はファイナルズ。これが終
わるまではシーズン終了という気分にはなれないな~。


  

  
 

|

« ダブルス速報! | トップページ | マッチプレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ダブルス速報! | トップページ | マッチプレー »