« レイス その2 | トップページ | 立冬 »

2006.11.06

全日本×MLB

フィギュアスケートのグランプリシリーズ、バレーボール世界選手権、米女子ゴルフツアーと週末は、世界を相手にした日本人の活躍が光ったスポーツが目白押しだった。当然、見ている自分もテレビ解説者も「ガンバレ村主、ガンバレ日本、ガンバレ藍ちゃん」だった。それに応えるかのような健闘に、みんな感動した事だろう。 しかしプロ野球の「全日本×MLB」。何故か解説者の口調は、メジャーリーガーのスーパープレーを期待する感じだった。球場全体の雰囲気もそんな感じだったのだろうか?WBCの時の真剣勝負は感じられなく、この試合は誰のための、何のためなのかがよく判らない。テレビを見ていても緊張感が伝わってこない。まあ、以前はMLBは日本人選手にとっても憧れの世界だったが、野茂やイチローの活躍でその距離は縮まり、ファンはMLBでの真剣勝負で活躍する日本人に目が慣れてきている。もはや「全日本×MLB」は、単なるショーとして行われるべきではないし、その役目も終わりに近づいて来ているのかもしれない。

|

« レイス その2 | トップページ | 立冬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« レイス その2 | トップページ | 立冬 »