« オリオン座と月光と朝焼けと | トップページ | ありがとうございました »

2006.11.10

思考のディスクゴルフ その9(全20回 毎週金曜日更新予定)

自分にディスクゴルフの『ゴルフ』の部分で大きく影響を受けた本、『思考のゴルフ』(市村操一&金谷多一郎著)。なかなか勝てなかった頃に出会った本で今でも読み返している。そこで、前回の『ビジョン54』に引き続き内容をまとめてみる事に。では その9

2 ナイスショットのメンタル
2-13 ティーショットの考え
     (ボール)ゴルフにおいて「ティーショット=ドライバー」が絶対ではない。
    コースにもよるが、絶対に曲げたくない場面ではロングアイアンを、そしてセカン
    ドで3Wでグリーンに載せる等、そのコースの意図を理解してプレーしていく事が
    大切。ティーショットで遠くに飛ばす事は気持ちがいいものだが、ゴルフは飛距離
    ではなくスコアを競うゲームである事を忘れてはいけない。

2-14 フルショットの大切さ
     力を7.8割の加減でショットをすると、コントロールが失われ思わぬ方向に
     ディスクが飛んで行ったりするものだ。常にフルショットを心掛けよう。

2-15 サーチライト
      ショットを常に、ストレートでピンポイントに落すのは困難。ターゲットに対して、
     左右、前後のブレは必ずある。フルショット時のそのブレの範囲をサーチライト
     のように考え、把握しておく。練習ではそのブレを狭くしておく事が大切。

                          「2 ナイスショットのメンタル」 おわり
      

|

« オリオン座と月光と朝焼けと | トップページ | ありがとうございました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« オリオン座と月光と朝焼けと | トップページ | ありがとうございました »