« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.31

メールのマナー

 ディスクゴルフにもマナーがあるように、インターネットやメールにも
マナーやエチケットがある。ネットワーク上のエチケット、ネチケットな
んて言葉もありますね。メールでよくやってしまう失敗で一斉に多数に
送る場合の送信先の指定方法。一歩間違えると大変な事になるので
注意したいものだ。

①個人宛に送る通常のメール
 TOに送信先を指定
②個人宛にメールを送った事を他の人にも知らせる場合。
TOに送信先を指定
CC(カーボンコピー)に参考までに送る相手を指定(メールアドレスは公開される)
③同一内容を一斉に送るが、送信先同士が無関係の場合
BCC(ブラインドカーボンコピー)に送信先を指定(メールアドレスは公開されない)


特に②と③の使い分けには気をつけたいものだ。

| | コメント (0)

2006.10.29

レイス

 土、日の2日間、久し振りにティーショットの練習ができた。やはり手持ちのレイス4枚全てがアンダー傾向に!
アンハイで使っていたオークに至ってはサイドワインダー並に!フォームが変わったせいだろうか?とりあえず新品ビースト、FIRE BIRED、オークを投げてみるが思うようなライン、距離が出ない。 DX素材のディスクは使いこなしてく内にアンハイ傾向になるのは、仕方がないことか....とりあえずレイスをネットで2枚注文。来週末には試せるといいのだが....

| | コメント (0)

2006.10.28

思考のディスクゴルフ その7(全20回 毎週金曜日更新予定)

自分にディスクゴルフの『ゴルフ』の部分で大きく影響を受けた本、『思考のゴルフ』(市村操一&金谷多一郎著)。なかなか勝てなかった頃に出会った本で今でも読み返している。そこで、前回の『ビジョン54』に引き続き内容をまとめてみる事に。では その7

2 ナイスショットのメンタル
2-7 ショットの設計図
    ショット、パットの前にはゴールに絡む(入る)イメージから逆算して最終的に
   ショットのイメージをしていく。その際の、判断力、決断力、実行力を鍛え、「頭
   の歯切れ」を良くし、ショット時の迷いを少なくする。頭でイメージした事が体にス
   ムーズに反応するには7、8秒以内に実行する事だといわれている。ショットの
   イメージに時間をかけても、構えてからの時間は短い方がいい。

2-8 ショットのチェックポイント
    人間の動きには3つの要素がある。
   「フォーム」
   「シークエンス」(動きの順序)
   「タイミング」(リズムやテンポ)
    個人それぞれ幾つかのチェックポイントがあるだろうが、テンポが比較的全体
    をまとめやすくしてくれる。テンポに限らず、自分のポイント(できれば少ない
    方がよい)を明確にしておく事が大切。
 
                                             以 上
  

| | コメント (0)

2006.10.26

4日振りの練習

 雨続きの日々が開け、久し振りの晴れた朝。4日振りの練習。7月以降、2日以上空けた事が無いので久し振りの感覚。パット、90mのショット(場所の関係でフルショットができない)と約1時間。全体的にショットがアンダー傾向に....ちょっと修正が必要かな...逆にT-REXがコントロールができるようになった。日本選手権まで30日を切った。日出時刻も遅くなり、朝の寒さは厳しくなるが、練習日数だけは誰にも負けずにガンバルゾ!(笑)


| | コメント (0)

2006.10.20

思考のディスクゴルフ その6(全20回 毎週金曜日更新予定)

2 ナイスショットのメンタル
自分にディスクゴルフの『ゴルフ』の部分で大きく影響を受けた本、『思考のゴルフ』(市村操一&金谷多一郎著)。なかなか勝てなかった頃に出会った本で今でも読み返している。そこで、前回の『ビジョン54』に引き続き内容をまとめてみる事に。では その6

2-5 ルーティンワークの「認知プロセス」と「動作プロセス」
    「認知プロセス」→距離、風、障害物、OB等の状況判断。これらの確認事項の
               順序を習慣化していけば漏れがなくなる。
    「動作プロセス」→ショット前の素振りや仕草。そららにも意味付けする事が必
               要。例えば素振りの1回目は「ショットの方向を確認」、2回
               目は「タイミングの確認」等。

    ルーティンワーク(プレ、アフター・ショット・ルーティン)は練習で確立させ、本番
    でもできるようにしよう。練習でも、本番でも同じルーティンである事が大切。
    当然、パットも同様。その際、重要なポイントは「タイミング」。タイミングとは
    リズムやテンポ。タイミングに集中すると、普段のショットが自然にできるように
    なる。
            
2-6 スイングリズムの乱れ
    投げ急いでショットが乱れる事は、誰にでもあるがその原因は「焦り」にある。
    OB、障害物、朝一、最終ホール等、苦手意識や恐怖感、そしてそれらから
    逃げたい「逃避反応」が「焦り」となる。プレ・ショット・ルーティンを確立させ、
    タイミングを確認、集中する事が対処法となる。
    

| | コメント (2)

2006.10.18

ロングホール

 福岡県ディスクゴルフ協会のホームページを見ていたら「UMINAKA WORLD CUP」と題されていた大会の開催が告知されていた。全12ホールだが125mから378mのロングホールが並ぶ。パー4が6ホール、パー5が6ホール。そんなコースがとれる福岡が羨ましい。秋田の18H,PAR72やWDGC..みんなロングコースに餓えている。いや、世界標準?のコースに餓えているのだろうか。USDGCでの日本チームの活躍で世界との距離がグッーと縮まったことだし、来年以降の公式戦でのコース設定に(いい)影響がでるかな....

 仕事が早目に終わったので髪を切りに行った。日本選手権へ向けての準備の一つなのだが...(笑)
エントリー、入金、宿の予約も終了。日本選手権向けての助走が早くなる。

| | コメント (0)

2006.10.17

18H PAR72

Tohoku731_1 先日、練習会ではあるが秋田で行われた18H PAR72。そのコースマップを東北オープンでO滝さんから頂いた。残念ながら周辺には宿泊施設が無い事と開催場所となった「北欧の杜公園」の立地条件の関係で東北オープンとしての開催は困難とのこと...公園内にオートキャンプ場、トレーラーハウス、洗面所、コインラインドリー、シャワールームがあるため、個人で行けば楽しめるかもしれない。コースの方は全長2645m平均147m 55mから250mのコース。
Tohoku722 さて、日本の公式戦で最初に実現するのはどの大会だろう? 意外に今度の日本選手権だったり....それは期待し過ぎ?

| | コメント (0)

2006.10.16

すごいぞNIPPON、すごいぞUSDGC

 週末はUSDGCのホームページに釘付けだった。学君、11位。凄い。日本人3人目の賞金ゲッターとなったと共に、世界と日本の距離をグッーと縮める結果となった。日本人プレーヤーのモチベーションもこれで一段と上がること間違いなし。 それにしてもUSDGCの公式ホームページは凄い(他の大会でもそうなのだが)。1H終了毎にリアル更新されるスコア、コースマップはキャディー用のもある。それに付帯イベントも充実。JOや日本選手権がそのような形に近づいていくのだろうか? そういえば日本選手権のお知らせがヤマト便で届いた。今まで、こんな事は無かったのに...JOに続く今年のビックイベントという事でしょうか。 さあ、エントリーと宿泊先を探すか.... 

| | コメント (0)

2006.10.15

思考のディスクゴルフ その5(全20回 毎週金曜日更新予定)

2 ナイスショットのメンタル
2-1.緊張
    プラスの緊張  →緊張はテンションが上げていき、試合で好結果をもたらす。
               
    マイナスの緊張→気持ちの縮こまり、現実逃避ヘと向き、失敗する事ばかり
               考えてしまう。体までが硬直し、悪い結果をもたらす。
               「緊張=心配」となっている。この時点でテンションは、上
               がっていない状態が多い。フルスイングの素振り等でテン
               ションを上げていこう。
   
    「ドキドキしているからナイスショットができる」と考えることが大切。 
    スタート前には、ショットのタイミングを重点的に確認。

2-2.アドレスのフォーマット化(プレ・ショット・ルーティン)
    ショットするまでの、ルーティン(プレ・ショット・ルーティン)を確立させ、練習、
    試合でも同じくできるようにしよう。ショットが安定するだけでなく、気持ちの
    安定にも繋がる。

2-4.朝イチのショット
    1Rのスタートホールは誰でも緊張する。スタートホールも「1/18」、「パー
    でよし」と考えながらラウンドの流れをつくる。
                                   
                                    以  上

| | コメント (0)

2006.10.11

東北オープン <ホール感>

 各ホールの感想と、もし次回があるとしたら...
 1H:やや狭いアイランドとゴール付近の突風でOB続出。③狙いでOK!
 2H:スコアボートの上をハイザーで攻める。追い風でオーバーすると2ndスローが向い風になる。軽く投げて手前から狙うのが◎。
 3H:お立ち台ゴール。寄せられればバーディー。暴風で僅か30cmのパットを外す人が続出。
 4Hから8H:林間でのコントロールが重視されるコース。プレイラインに沿った攻めで、コントロールできればバーディー。
 9Hから11H:風でサッカーグランドに落とされる。運が悪いと、側溝、階段に落ちてOB!
 12H:コントロールスローでバーディーが獲れる。
 13H:150mの投げ下げ。暴風が無ければ、パーはとれる。向い風対策がカギ。
 14Hから18H:本大会の中で好きなロケーション。14Hは日本海をバックに投げる。OBエリア、池が配置されており戦略性が問われるホール。

 今回は13Hで屈辱の13を叩いた。暴風対策!...台風が待ち遠しい。

| | コメント (0)

2006.10.10

東北オープン <感動・感心・笑劇>

 今回の東北オープンで感動した事。

 1.ディスククーポン券
   プレーヤーズキットの中に同封されていました(1500円分)。会場内の特設ショップで好みのディスクと交換。

 2.抽選会
  表彰後、採れたて林檎や地酒等、なぜか表彰者に結構当たっていました。(笑)

 3.ベスト夫婦賞
   夫婦で参加された5組の中で、スコアの合計がベストの夫婦に特別賞。いいアイディアですね。

 4.日本人離れしたプレーヤー
  2R目を陽平君と周る事ができた。以前よりも体が大きくなり、すっかり大人になっていた。そのショットの球質は、海外のTOP選手に匹敵。初速、コントロール、ライン、目が点になりました。再来年のJOが楽しみ?

 5.まるご旅館
   今回の宿泊先。老舗の旅館で「結婚式を挙げるなら「まるご旅館」」とゆうぐらい。宿泊したのは旧館で1泊3500円。あまり期待していなかったが、一人一室。部屋は10畳、ユニットバス・トイレ付き。タオル、ハブラシもついて、お風呂は新館の広いお風呂も利用でき大満足。が、まるご旅館のマークが○の中に漢字の「五」。これってまるご→○五→⑤→ダブルボギーと読み替える事ができディスクゴルファーにとっては.....(笑)

 6.暴風の中の笑顔
  今回は暴風の中のラウンドとなり、特に3R目の13ホールで10打、20打投げる人が続出(自分もその1人)。大会はプロ、アマとも3Rで終了となったが、表彰式では「闘い貫いた」とゆう充実感で皆が笑顔だったのが印象的でした。また、人間として、プレーヤーとして一回り大きくなっていたような気がします。

 大会スタッフ、プレーヤーの皆様、お疲れ様でした。

 

| | コメント (0)

2006.10.09

東北オープン <ラウンド編>

 結果はこちら

 なんとか優勝することができました。
 <1R> 雨の中だったが、風はチョット強め。初めてのコースとゆうこともあり、無難に攻めながら、2バーディー3ボギーの「55」。ここまでは予定どおり。2位と5打差。「これ以上悪いスコアになる事は無いだろう」とこの時点では思っていた。ところが、昼食を過ぎると、風が強風へと変わっていく。
 <2R>強風の中でも、なんとか序盤をパーでまとめて行くが、11Hで不運なOB連発で◎6。それをきっかけに調子を下げ、最終ホール(1H)で30cmパットを外し⑤。その前のホールで決めた10mのバーディーパットを帳消しとなる形となった。結局63。(2バーディー、2ボギー、3ダブルボギー、1トリプルボギー)。他のプレーヤーもスコアを崩したが、2位O島さんと4打差、3位のS谷さんと6打差。
<3R> 強風を通り越し、暴風暴雨。そこで悪夢が起きた。13H(距離150m)。高台から野球場へ投げ込むコース。無風であれば、パー、ボギーは楽に獲れるオープンなコース。しかし、向い風。しかも強風。3打目のアプローチ。上手く投げれたと思われたディスクが右側から着地。と、思われたが着地時に風でディスクが立つ。すると倒れることなく、そのまま転がり始めた。コロ、コロ、コロ.....倒れろ!との思いも届かず、スロー地点を過ぎ、さらにコロ、コロ.....結局、50m以上は戻された。同じ事が、更にもう一度起き、結局13打。S谷さん、O島さんは5でまとめ、このホールで8打差をつけられた。その後、一時は4打リードを許す形に。暴風が収まる事は無い中、なんとか残り3ホールで2打リードまで盛り返す。しかし4Hで左かの狙ったディスクが無情にもOB。⑤となり、再びイーブン。最終ホール(6H)、1mのパットをねじ込みプレーオフへ。(あの暴風の中、1mのパットも緊張です。)プレーオフでは強気に攻めた事が功を奏し、3mのパットをねじ込み優勝。は~、良かった良かった。


 

| | コメント (0)

2006.10.08

東北オーブン速報1 日目

プロは六さん103(51,52)松田君106(50,56)佐々木さん110(54,56)大滝君116(57,59), アマは軍曹118(55,63)大島さん112瀬谷さん124あさしん125ムケさん

| | コメント (0)

2006.10.07

東北オープンプレー中

 まもなく東北オープンスタート。速報(携帯からの更新)をお楽しみに!
 

| | コメント (0)

2006.10.06

思考のディスクゴルフ その4(全20回 毎週金曜日更新予定)

自分にディスクゴルフの『ゴルフ』の部分で大きく影響を受けた本、『思考のゴルフ』(市村操一&金谷多一郎著)。なかなか勝てなかった頃に出会った本で今でも読み返している。そこで、前回の『ビジョン54』に引き続き内容をまとめてみる事に。では その4
1 思考のゴルフのススメ
1-6.パッティングと距離感
  パッティングの練習では1投1投距離を変えて行うことが大切。同じ距離でパット
  を練習していると2投目以降は、前のパットのフィーリングを基準に行うため、距離
  感を鍛える事ができないためだ。パッティング時に距離感を数値化する事で、その
  数値にあった力加減をイメージする。また、1投毎のルーティンを本番と同じように
  する事が試合で練習の成果を発揮する事ができる。ただし、パットのフォームを固
  める、改善するといった目的の中では、短期集中的な練習が有効。その場合は、
  1投1投距離を変える必要はないかもしれない。練習の目的を自覚する事が大切。
  「フォーム固めの練習」なのか「パッティングの練習」なのか等。

1-7.見栄と合理性
  大勢のギャラリーの前や上級者の前で「いいところを見せたい」とゆう見栄の気持
  ちは誰にでもある。そういった虚栄心をコントロールするのもメンタルコントロール。
  ショット前に合理性と見栄の割合を自己確認しながらプレーをしていくことで、「見栄
  を捨てる事がスコアアップに繋がる」事がわかってくる。ただ、見栄っぱりの負けず
  嫌いはモチベーションを上げ、上達へのエネルギーとなる事も忘れてはならない。
  (プロにとってはこちらの方が大切?)


                     「1 思考のゴルフのススメ」 おわり
              次回からは「2 ナイスショットのメンタル」

| | コメント (0)

2006.10.04

東北オープン

 元祖Oさんから、ありがたいコース情報と変更されたコースMapで再度スコアを予想。池越え、林間等にワクワクしながら自分のプレーをイメージ。目標スコアは3バーディー4ボギーの「55」。14Hから18Hが我慢のゴルフになるかな? 残念ながら天気は晴れなさそうだが、気分は晴れるような結果になれるようガンバロウ!

| | コメント (0)

2006.10.02

ダブルスも延期

 日本選手権の日程延期が発表されたばかリだが、東日本ダブルス選手権の延期が発表された。やはり関東受難の年?まあパートナーの参加が微妙だったのでチョット助かり?日程に余裕ができたので昭和記念公園OPも参加可能になるし、11月の辰巳、ひたちマンスリーも参加可能になる。プラス思考でいこう。今は東北オープンに集中。コースマップをみながらプレー予想。
1H→辰巳マンスリー8Hをストレートでバーディーを獲る感覚?
2H→フェンス超?でバーディー?
3H→バーディーチャンスホール
4H~7H→林間コース?ローラーを含めた多彩なラインで攻める
8H→フェンス超?ハイザーでどこまで寄るか?
9H→マンダトリー。無理をせず、3でOK
10H→サッカー場はOB?レイスで思いっきり!
11H→サッカー場はOB?無理をせず、3でOK
12H→50mと短いが、林間で難しい?
13H→最長の150m。レイスで思いっきり!or ローラー!
14H→レイスでなんとかパット圏内に落したい。
15H→バーディーチャンスホール。
16H→レイスで思いっきり!or ローラー!
17H→50mと短いが...
18H→コントロール重視でバーディーチャンスへ。
予想スコア アマ:6バーディー2ボギーの50。
        プロ:8バーディー1ボギー47。

| | コメント (2)

2006.10.01

ジャダー

 最近、モビリオの運転中、停止後の発進時に振動と耳障りな音がするようになったのでディーラーへ。事象を話すと「ジャダーですか?」。そうか、あの事象は「ジャダー」とゆうのか....説明ではCVT(無段変速機)特有の事象で、特に出始めの頃のミッションオイルは粘度が高く3年前後で「ジャダー」が発生するらしい。現在は、オイルも改良され交換さえすれば事象は改善され、ミッションオイルの再交換は不要となるとの事。30分程で交換。8000円弱の出費だったか、秋田へのロングドライブを控えていたので今日中に作業してもらったのはラッキーだった。帰宅後、ネットで「ジャダー」で検索してみるとかなり出ている。多分、メーカー、ディーラーも把握していたのだろう。リコールではないが、特有の事象ならハガキ等で教えて欲しかったな~。

| | コメント (0)

日本選手権 日程変更

 日本選手権の日程が1週間先に変更される旨の発表があった。普通なら日程変更に驚くのだが、今回はホッとしている。日本選手権の開催が危ぶい噂があったので、「日程変更=開催」にひと安心。モチベーションUP!付帯イベントもあるので例年より盛り上がりそうだ。そこで少し早いが宿泊先の検索。ところが、JOで宿泊した「ペンション ダイアナ」は土曜日の宿泊を受付を行っていない。他の適当な宿泊先を探すも5000円前後。時期も行楽シーズンの終盤&飛び石連休とゆうこともあり早目の予約が必要かもしれない。

| | コメント (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »