« 東北オープン <ホール感> | トップページ | すごいぞNIPPON、すごいぞUSDGC »

2006.10.15

思考のディスクゴルフ その5(全20回 毎週金曜日更新予定)

2 ナイスショットのメンタル
2-1.緊張
    プラスの緊張  →緊張はテンションが上げていき、試合で好結果をもたらす。
               
    マイナスの緊張→気持ちの縮こまり、現実逃避ヘと向き、失敗する事ばかり
               考えてしまう。体までが硬直し、悪い結果をもたらす。
               「緊張=心配」となっている。この時点でテンションは、上
               がっていない状態が多い。フルスイングの素振り等でテン
               ションを上げていこう。
   
    「ドキドキしているからナイスショットができる」と考えることが大切。 
    スタート前には、ショットのタイミングを重点的に確認。

2-2.アドレスのフォーマット化(プレ・ショット・ルーティン)
    ショットするまでの、ルーティン(プレ・ショット・ルーティン)を確立させ、練習、
    試合でも同じくできるようにしよう。ショットが安定するだけでなく、気持ちの
    安定にも繋がる。

2-4.朝イチのショット
    1Rのスタートホールは誰でも緊張する。スタートホールも「1/18」、「パー
    でよし」と考えながらラウンドの流れをつくる。
                                   
                                    以  上

|

« 東北オープン <ホール感> | トップページ | すごいぞNIPPON、すごいぞUSDGC »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東北オープン <ホール感> | トップページ | すごいぞNIPPON、すごいぞUSDGC »