« 東北オープン | トップページ | 34年目に知った事実 »

2006.09.23

思考のディスクゴルフ その2(全20回 毎週金曜日更新予定)

自分にディスクゴルフの『ゴルフ』の部分で大きく影響を受けた本、『思考のゴルフ』(市村操一&金谷多一郎著)。なかなか勝てなかった頃に出会った本で今でも読み返している。そこで、前回の『ビジョン54』に引き続き内容をまとめてみる事に。では その2
1 思考のゴルフのススメ
1-4.イメージトレーニングとは
    イメージトレーニングとはメンタルトレーニングの一部。その定義とは『正しい
    運動行動を頭の中に思う浮かべることによって、運動行動の習得を容易に
    する方法』。『体を動かす練習』と『イメージ練習』両方併せて行うことが大事。

    イメージトレーニングの4条件 
     ①動きを『言葉』で表現
     ②セルフトークでイメージされた技能の調整
     ③技能の重要ポイントを明確にでき、意識をそこに集中
     ④そのポイントについて明確にイメージを描く
   
    『外的イメージ』と『内的イメージ』
     ショット時のフォームやボールの軌道のイメージ→外的イメージ
     ショット時の感覚や動きの順序やスピードのイメージ→内的イメージ
     内的イメージを重点的に行う。

    『あとに行うイメージトレーニング』
     技術に習得中のプレーヤーにとって、ショット時の前に行うイメージトレーニ
     グが大切。上級者には、グットショット時のあとに感覚が残っている間にイメ
     -ジトレーニングすることが有効。
     例えば、パットを外した後、感覚の確認のため素振りをする事があるが、パ
     ットが成功した後も、イメージトレーニングする事で頭に残る。
 
                                        以  上
     


    

|

« 東北オープン | トップページ | 34年目に知った事実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東北オープン | トップページ | 34年目に知った事実 »