« World Championships | トップページ | 世界と日本の壁 »

2006.08.14

ディスク語録

 女子プロゴルファー大山志保。今季4勝目をあげ獲得賞金も1億円突破。春先から好調で、今季注目していた選手、不動裕理の連続賞金女王にストップをかけるのは間違いないだろう。シーズンオフ中に筋トレを行い飛距離が伸びたのが好調の要因のひとつ。今大会の1R目のボギー全て(3H)が3パットであることについて聞かれると、

『ショートするのが嫌だったので強気にいきました。3パットは気にしていません。』   とのこと。

実力が均衡している中で勝ち抜くには3パットを恐れない強気の姿勢が大事なんだな。
ディスクゴルフだとパットが『ゴールまで届かない』『カゴの下を通過』『左へ切れる』等は弱気になっている場合によくある事。ゴールの上を通過している内は強気にゴルフができていると思ってプレーをしていれば、いい結果がでるかもしれない。


|

« World Championships | トップページ | 世界と日本の壁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« World Championships | トップページ | 世界と日本の壁 »