« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.28

松井秀喜の100%理論

 先日、松井秀喜が試合で実力を発揮するための考えを語っていた。

 試合中はその時の100%の力を発揮する事に努める。
 → 70%では怠けている事に、また120%では無理をする事になるのでダメ。
  自分の能力を知りその力を100%発揮できる事が大事。出来る事と出来ない事
  をハッキリしておく。
 『経験』と『記憶力』
 → 試合で数多くの事を経験し、それらを記憶していく。
   なんと松井は今まで打ったホームランを、対戦投手、球種を全て記憶している。
 『ルーティン』と『集中力』
 → 練習の時から試合と同じルーティンで打席に立つ。それが試合での集中力を
   生む。ん..これはビジョン36の中でも書いてある内容に通じる所がある。

| | コメント (0)

2006.08.26

小脳よ

 パットがあまり上達せず、最近練習を終えるとブルーでブログを更新する気力がなくなっていた。それに追い打ちをかけるようにブラックな話を聞いて、コブルトブルーな日々です。今朝は、気分転換にロングの練習をしようと思ったら、盆踊りのヤグラが.... そんな訳でやはりパット練習。自信をつけるため短めの距離からの練習。8m位まではマズマズ。やはり10mの距離が課題。リズム、テンポ、フォームが同じであれば必ず入るハズ。ボウリングより短いこの距離。小脳よ、憶えてくれ~。

| | コメント (0)

2006.08.23

近畿オープン参加せず

 本日は近畿オープンエントリーの締切りだったが、悩んだあげくエントリーは見送りとした。これでABT今年は『東北オープン』と『東日本ダブルス』のみとなりそう。東北オープンの宿でも探すか.....

| | コメント (0)

2006.08.19

辰巳マンスリー ベストは尽くしたが

 台風の影響が心配されたが快晴、猛暑の中、辰巳マンスリーが行われた。ここ3週間は練習の90%をパット練習に当ててのマンスリー参加。そんな訳で、パット練習の成果を確認するマンスリーとなった。それと『8番ホールをストレートラインでバーディーを取る』、『50を切る』それが目標だった。結果的には、1R目53(3バーディー、1ダブルボギー)、2R目50(4バーディー)、決勝は(3,4,4)で惜敗の2位。目標だった8番Hストレートでバーディーは1バーディーながら目標達成。アンダー50の目標は、惜しくも達成出来なかった(残念)。肝心のパットは、テンポが悪かったな~が第一印象。もっと練習しなければ...
ポジティブにいくために本日のベストプレーを列挙。
 ベスト1.9番ホール→レイス(ブルー)でゴール手前14mに着地。向い風ながらバーディーパットを決める。
 ベスト2.3番ホール→力んでティースローが左の低木の中へ。バックもアップもサイドも不可の状況。ゴールまでは20m程度。そこをサイドローラーでベタピン。ナイスパー。
 ベスト3.2番ホール→ゴールまで5mに着地。バーディー。
 ベスト4.8番ホール→ストレートで3回バーディーチャンスメイク。よしよし。次回もここはストレートで攻めよう。
              
順位の方は、2R目の後半でmukeさんを抜くも決勝で肝心のパットが決まらず2位。しかし、ここ何ヶ月かでmukeさん、アサシンも上手くなってる感じがする。清原組もスゴク練習しているようだし、負けていられないな....
 
辰巳マンスリー、ツッチーが作ってくれた、ホールサインボード(凄く立派)、ゴール用赤旗のおかげで、クオリティーが上がりました。ありがたいですね。
  

| | コメント (3)

2006.08.17

ドラマチック甲子園

 高校野球、毎日ドラマチックな試合が行われている。今日の帝京vs智弁和歌山はまるでドカベンの世界。9回2アウトで4点を追う帝京が一挙8点を上げ逆に4点リード。しかしその裏、智弁和歌山が追いつき最後は押出しサヨナラ。凄い試合だ~。ディスクゴルフでもそんな試合をしてみたい。
 今日は、雨→曇り→晴れ→曇り→雨・・・と30分毎に天気が変わる一日だったが、夜なんとかパット練習ができた。水捌けが良いのは助かります。ドラマチックな試合を演出できるようにパット、パット、パット.....
近畿OPの参加を検討しいたが、金銭面と往復時間を考える難しいかあな。アマは1Rハーフだし..。まあ、次は東北OPかな?

| | コメント (0)

2006.08.16

世界と日本の壁

 ワールドで世界と日本の壁に驚いたが、アマではどうなのだろう。以前ある人に、『日本のプロが世界アマに出場しても勝つ事はできない』と聞いたことがあった。そこで、去年の世界アマ上位者について、今年のワールドの順位を調べてみた。
 
去年の世界アマ上位者 PDGA№ レイティング 今年のワールド順位
1 Jack Schmalfeld 25378 984 38位
2 Matt Hall 18133 995 不参加  
3 Kim Scott-wood 19777 997 19位
4 Eddie Ogburn 23102 971 52位

因みにレイティングだけで判断すると自分が去年の世界アマに出たら150人中140位。世界から見れば、まだビギナーレベルってところかな~。辰巳マンスリーで1R30台で周らないと世界には通用しないところでしょうか?
まあ、まずは50を切ろう。この3週間のパット練習の成果を出したい。


| | コメント (0)

2006.08.14

ディスク語録

 女子プロゴルファー大山志保。今季4勝目をあげ獲得賞金も1億円突破。春先から好調で、今季注目していた選手、不動裕理の連続賞金女王にストップをかけるのは間違いないだろう。シーズンオフ中に筋トレを行い飛距離が伸びたのが好調の要因のひとつ。今大会の1R目のボギー全て(3H)が3パットであることについて聞かれると、

『ショートするのが嫌だったので強気にいきました。3パットは気にしていません。』   とのこと。

実力が均衡している中で勝ち抜くには3パットを恐れない強気の姿勢が大事なんだな。
ディスクゴルフだとパットが『ゴールまで届かない』『カゴの下を通過』『左へ切れる』等は弱気になっている場合によくある事。ゴールの上を通過している内は強気にゴルフができていると思ってプレーをしていれば、いい結果がでるかもしれない。


| | コメント (0)

2006.08.13

World Championships

PDGA:World Championshipsが8/9~8/12行われた。阿蘇オープンで本来の調子を取り戻して臨んだGさんだったが、123人中80位、JOで日本人2位のK崎さんは、マスター部門出場で58人中40位。ウ~世界の壁は厚い。
因みに優勝はKen Climo。早くDVD出ないかいな~。ヨーロピアンOP出場のT2さん、USDG出場のK兄弟、K崎さん、頑張れ~。

| | コメント (0)

2006.08.10

36ビジョン 最終回(全10回 月、木更新....の予定 )

ピアー・ニールソン著『ゴルフ54ビジョン』。ゴルフのメンタル本だが、ゴルフ観を変える1冊になるかもしれない。その内容をディスクゴルフの場合に置き換え、私見も加え、自分自身へコーチするつもりで何回かに分けてまとめてみたいと思う。では 最終回
(29)パフォーマンス(成績)とパーソナリティー(人間性)
   → ゴルフのスコアが人間性を決定するものではない。人間性を伴わないハイ
     スコアは何の意味もない。ゴルフは人生の縮図でもある。さまざまな人達
     と関係を持ちながら「ゴルフを通して人間性を高める」ことに務めよう。
     「ゴルファーとしてどう生きるかより『人間としてどう生きるべき』かが大切」。
     ゴルフが好きで楽しんでプレーする事が、心に余裕を生み好成績につながる。
     楽しいから練習する。そんな気持ちで取り組もう。

(30)54ビジョン達成のための10カ条(本の内容をそのまま転記)
   ①ゴルフを通して人間性を磨く。
   ②54ビジョンに向かって進むことはあらゆることに限界をつくらないということ
    である。つまり限界というバリアを取り除くのが目的。
   ③ショートゲームを磨く。=100ヤード以内のアプローチショットに練習時間
    の少なくとも半分を費やす。そして100ヤード以内から<1ショット+1パッ
    ト>でホールアウトする。
   ④”言い訳”はしない。ミスショットには感情移入せず、冷静に観察だけする。
    逆にグッドショットは大いに喜ぶ。
   ⑤自分なりのリラックス法を編み出す。
   ⑥テクニックに偏った左脳のゴルフではなく、右脳を使ってクリエイティブなゴ
    ルフを目指す。
   ⑦練習場で満足するのではなく、常に本番を想定した練習を心がける。
   ⑧目標に対する意識を常に明確に持つ。
   ⑨自分はパットがうまいと信じる。
   ⑩目標は大きなもの(長期的な目標)と小さなもの(短期的な目標)の2つ
    を設ける。

 
   さあ ディスクゴルフを楽しもう。
   いつかディスクゴルフで『18ホールパー72』 そんなコース周ってみたい。
   そしたらビジョン54になるかな。

 
                                         以  上

| | コメント (2)

2006.08.09

蚊に注意!

 台風、あっけなく通過。朝方、激しい雨でしたが午後からは晴れ間が見え始めた。練習行けるかな?と思い、仕事を終え第2練習場へ。水はけが良く、パット練習には問題なし。結局、1時間程練習。気が付いたら、左腕に蚊に刺された後が多数。雨上がりの時は注意しなければ....

| | コメント (0)

2006.08.08

台風接近

 現在、パット強化中!ここ2週間毎日パット練習している。トッププロにとっては当たり前の事だろうが、自分にとっては、現役以来の事だ。1日、200~400パット。まだ、これだとゆう形にはなっていないが、タメと腕を伸ばすタイミングは一定になりつつある。あとはディスクの傾度、仰角、ライン選定の調整。なんとか、10mで3割ってなところまで来た。明日は台風で無理そうなのでお休み。体が悲鳴を上げていたのでいい休養になる。近畿OPまで3週間を切っってる。参加は検討中だが、あまり日がないのでトータル的な調整をしなければ。
 ところで、毎日GさんやT2さんから海外レポートが更新されているが、スケールの違いには驚きだ。まあ、地道に日本でがんばるか...

| | コメント (0)

2006.08.07

36ビジョン その9(全10回 月、木更新....の予定 )

ピアー・ニールソン著『ゴルフ54ビジョン』。ゴルフのメンタル本だが、ゴルフ観を変える1冊になるかもしれない。その内容をディスクゴルフの場合に置き換え、私見も加え、自分自身へコーチするつもりで何回かに分けてまとめてみたいと思う。では その9
(25) ビジョン36の目的
  → 「限界を超えるスコア達成」と「ゴルフを通しての人間的成長」
    そのために、あらゆる方法を試し、自分にあったものを選択する。

(26) Be your own best coach(あなた自身のベストコーチになりなさい!
  → 教える側と教わる側にはプレーヤーの成長と共に4つの過程段階がある。
  第1段階:Instructed(教えられる
        コーチから一方的な指導をそのまま受け入れる。
  第2段階;Convinced(自覚する)
        指導内容を理解、消化しながら取捨選択しいく。
  第3段階: Work together(一緒に行う)
        コーチからの問いかけ(目標は何か、その達成方法等)を自分でも
        考え、意見を持つことでできる。
  第4段階:Delegate(代表する)
        目標設定、達成方法を自分でも考えるようなり、問題の解決方法を
        自身で発見できる。
  
  最終的に自身をコーチできるようになろう。

(27)リズムとテンポ
   → ショットのメカニカルな部分よりもリズム、テンポ、タイミングに意識を集中
     する。そのためには、体内メトロノームを一定させる。ショットのテンポは遅
     い人は歩くテンポもそれに合わせたりして、ラウンド全体のテンポも一定に
     していく。メトロノームに合わせショット、パット練習するのもよい。

(28)シュガーピル(信じれば砂糖だけを入れた薬で病気が治る事もある)
   → いわゆるゲンをかつぐ。非科学的な事にもポジティブに取り込んでみる。
     試合で勝った時の服装や帽子を身につける等。これらもメンタル効果。

    以 上

| | コメント (0)

2006.08.06

メトロノーム

Cimg2621
 昨日、電子メトロノームを買ってきた。(ボール)ゴルフで、スイングのリズムやテンポを一定にする練習に使われる事があるらいし。ディスクゴルフでも使えないかと思い買ってみた。特に、パットでのリズム、タイミングを一定にするのに役立てられたらいいのだが...因みに写真の電子メトロノームは3580円。売れ筋一番。

| | コメント (0)

2006.08.05

バランス

 全英女子OPを見ている内にソファーで寝てしまった。目が覚めたのが5:40。ショットの練習ができる貴重な週末、慌てて家を飛び出す。晴れ間にもかかわらず、ジョギング、ウオーキング姿もいつもよりも少なめ。早速、レイス、オーク、TXでショットの練習開始。しばらくして、「飛距離があまり伸びないな~」と呟く。ん~、先月のマンスリー以来、パット練習ばかりしていたせいだろうか?それとも未だ技術が自分のものになっていないせいだろうか。
アプローチ練習でもショートしてしまう。ん....ちょっと調子は下降気味!?。公式戦に向けてバランス良く練習しなくては...しかしパットの精度がイマイチ向上しない。悩みは続く,,,,

| | コメント (0)

2006.08.04

亀田判定問題

 亀田の判定問題はだいぶ波紋を呼んでいるようだ。ラジオでの解説の話だが、判定法とゆうのが1R10点満点で、ラウンド内で五分五分だったら10対10。どちらかが優勢だったら10対9。ダウンを奪えば10対8となるらしい。つまりダウンを奪ってもそれ以降のラウンドで相手優勢のラウンドが2Rあればチャラになってしまう。11R、12Rで亀田がヘトヘトでも10対9なのだ。裏を返せば、他のラウンドでは亀田が押していた事になる。なんか勝負に負けて、試合に勝った、判定の点取りゲームに勝ったとゆうところだろうか。まあ、最後ダウンを奪われなかったのは勝利への執念か? ただ今回の勝利は、亀田本人を苦しませる事になるが、それを跳ね返すために今まで以上のトレーニングを積んでいくのだろう。ガンバレ亀田

| | コメント (0)

2006.08.03

36ビジョン その8(全10回 月、木更新....の予定 )

ピアー・ニールソン著『ゴルフ54ビジョン』。ゴルフのメンタル本だが、ゴルフ観を変える1冊になるかもしれない。その内容をディスクゴルフの場合に置き換え、私見も加え、自分自身へコーチするつもりで何回かに分けてまとめてみたいと思う。では その8
(22)困難はつきもの
   → ゴルフは屋外スポーツ。自然との戦いでもある。雨、風、暑さ、寒さ、コー
     スのアップダウン、予想外のOB等、困難は必ずついてくる。それを楽しめ
     るかどうかでスコアも変わってくる。悪条件でのプレーを飛躍のチャンスと
     思って楽しもう。
(23)実践につながる練習
   → 練習で身につけたフォームも実践で通用しなければ意味がない。練習で
     も本番のコースをイメージしプレ・ショット・ルーティンを行ってからショットす
     る事が大事。また、実践でも一打を失う事を恐れず練習の成果を試してい
     く事がレベルアップにつながっていく。
(24)ティーショットは1つの要素に過ぎない
   → ティーショットはゴルフの要素の1つに過ぎない。自分に合ったディスク選
     び、フィジカル、メンタルコントロール、コースマネージメント等幾つかの要素
     がある、それらバランスよく伸ばしてく事が大事。ゴルフとはゴールから逆
     算して組み立て、飛ばす事ではなく少ストロークでゴールを目指すゲーム。
     

先日、全英オープンを制覇したタイガーウッズ。なんとドライバーを使用したのは1回
のみ。フェアウエイが狭いコースをアイアンで刻み、パー5のホールでバーディーを
確実に獲っての優勝。戦略、技術、精神面に優れていた感じでした。

| | コメント (0)

2006.08.01

夏休みの宿題

 今日から8月。ガソリンもついに140円台へ。ディスクゴルファーにとっては痛い値上げだ。高速代節約、昼食代節約(弁当持参)、飲み物は粉末ジュースの3倍薄めで切り抜けよう。
 涼しい夏が続いているが、この夏の宿題は『パット』。宿題の1回目の提出は、8月19,20日のマンスリー祭り。頑張ろうと思い、気が付いたら先週の火曜日から毎日パットの練習しているな....成果はイマイチだが、この宿題の出来次第で今後のディスクゴルフライフを左右する事になると思う。並のプレーヤーで終るか、トッププレーヤーに近づけるか...
 中部オープンが家庭の都合で参加できないかもしれない。近畿オープン...と思ったが未だ大会要綱が発表になっていない。もしかして中止?延期? そういえば関東オープンは? 

| | コメント (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »