« 結局、練習! | トップページ | 夏休みの宿題 »

2006.07.31

36ビジョン その7(全10回 月、木更新....の予定 )

ピアー・ニールソン著『ゴルフ54ビジョン』。ゴルフのメンタル本だが、ゴルフ観を変える1冊になるかもしれない。その内容をディスクゴルフの場合に置き換え、私見も加え、自分自身へコーチするつもりで何回かに分けてまとめてみたいと思う。では その7
(21)練習の工夫
  →ゲーム性を取り入れ楽しみながら行えば上達は早い。仲間達とパッティング
   コンテストや、ショット条件を限定してスコアを競うのも良い。また、いろいろな
   ディスクで、全ての事を試してクリエイティブなショットをしてみよう。
   楽しみながら、苦手意識を克服できる工夫、努力をボジティブに行っていこう。

  (パット練習の例)
  距離感をつかむ→力加減、腕の振り等、自分に合った方法を見つける。
             目をつぶってのパットや距離を当ててみたりする事で、感覚
             と実際に飛距離のズレを認識、調整する方法もある。
             また、ギリギリのパット、強めのパットを投げ分けで、微妙な
             距離感を養う事ができる。
             『自分はパットが上手い』と自己暗示をかける。

※ スウエーデンでは1年の半分は、日照と雪でゴルフができない。その間に選手達は、体力作り、パット、アプローチの距離感を練習場で徹底的に磨くらしい。一年の過ごし方にメリハリをつける事も大切。

|

« 結局、練習! | トップページ | 夏休みの宿題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 結局、練習! | トップページ | 夏休みの宿題 »