« ジャパンオープン(初体験編) | トップページ | ジャパンオープン(反省編) »

2006.06.21

ジャパンオープン(ハプニング編)

その1.大会前日からペンション「ダイアナ」に宿泊。ベットはツイン。あさしんの方が先に現地に来ていたはずだったが、宿泊先には自分が先に到着。部屋に案内されると、狭めの部屋にベットが2つ。しかも、くっ付いているでは...いくら何でもと思い、50cm位離したのでした。

その2.狭い部屋で、ちょっと素振り。1,2,3....ズドン。痛タタタタ....拳を壁にぶつけてしまった。幸い怪我はなくプレーに支障はありませんでした。

その3.大会初日は霧でサスペンスデット。早めに宿に戻って来たので、自慢のお風呂を探索(計8箇所)。カップル向けの狭いお風呂(温泉)の中で、比較的大きめのお風呂に入る事に。窓(透明)が大きく、その前には竹垣があるもののちょっと露天風呂気分。気持ちよく浸かっていると、人影が目の前を通る。エッ?目を疑ったが間違いなくヒト。そういえば、表で工事関係者らしき人がいたな...まあ、昼間から風呂に入っているとは思わず間違って通ったのだろう..そう思うのも束の間。2度、3度、いや7回は目の前を通っただろうか。まあ、男同士だったからよかったけど...

|

« ジャパンオープン(初体験編) | トップページ | ジャパンオープン(反省編) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ジャパンオープン(初体験編) | トップページ | ジャパンオープン(反省編) »