« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 寒〜(◎_ ◎) »

2006.01.04

今日は

CIMG0536

  ピチの旅立った日です。一昨年の夏に「糖尿病」と診断され長くても2年と言われました。その時は薬ですぐに普段と変わりのないピチに戻りましたが、その年の暮れに急変し自宅で点滴をしながらの生活が2週間程続きました。とても苦しそうでした。看病中は起き上がることも「ニャン」と鳴く事もなかったのですが、急にベットから出て歩きだし名前を呼ぶと「ニャニャニャー」と寄って来たのです。抱いてやると安心した顔で寝つきもう大丈夫かなと思った程でした。数年前、生死を彷徨った病気から奇跡的な回復をした事を想いだし、今度も大丈夫と思い「明日は二人とも仕事休みだし動物病院につれて行こう」と思い自分達も寝床につきました。 それが最後の「おやすみ」となるとは知らずに。その日の夜、4:00位にふと目が覚め、あわててピチの所へ。そこには、苦しい顔をしたままピクリとも動かなくなったピチがいたのです。「あ~ 看取ってあげれなかった。一人で逝かせてしまった。 」
そう思いながらまだ温もりが残るピチの体を丸く、そして目を閉じてあげました。  
 誕生日が同じとゆう理由で会社の先輩から頂いたピチでしたが、10年の間に自分の、そして我家で、自分達を思っていた以上に大きな存在になっていたのだと気付きました。  今はミニチュアダックスのノエルと一緒に暮らしてますがこれからもピチとの想い出を大切に生きていきたいと思います。


|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 寒〜(◎_ ◎) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 寒〜(◎_ ◎) »